今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

生活の豆知識

日本年金機構を教訓に、メールによるサイバー攻撃を防ぐために気を付けておきたい3つのこと。

投稿日:2015年6月14日 更新日:

年金機構の情報漏えいが問題になっている。職員のパソコンがウイルスに感染したのが原因だが、そのきっかけは不審なメールを開いてしまったため。

しかもそのメールのタイトルは「厚生年金基金制度の見直しについてに関する意見」といういかにもありそうな感じにカムフラージュされたものであった。

こういった巧妙化するサイバー攻撃に対して、我々が個人で行える対策とはどういったものがあるのだろうか?

スポンサーリンク

年金情報流出の顛末

年金番号を含めた個人情報が、日本年金機構から流出した。そのきっかけは職員のパソコンに感染したコンピューターウィルス。

それは不用意に外部から届いたメールを開いた為に感染してしまったという。

その情報流出は125万件以上の数になってしまった。

  • 基礎年金番号、氏名、生年月日、住所の4情報は5.2万件。
  • 基礎年金番号、氏名、生年月日の3情報は116.7万件。
  • 基礎年金番号、氏名の2情報は3.1万件。

情報が流出した個人の基礎年金番号は、すべて変更する必要があるという。

その流出した情報が使われたのかはわからないが、この情報流出問題を受けて、日本年金機構を騙りお金をだまし取ろうとする詐欺の電話が各地で発生したという。

神奈川県では高齢の女性が国民年金機構を名乗る男からの電話で300万円だまし取られる事件が発生した。

この流出問題で日本年金機構が直接個人に電話することは絶対にないので気を付けよう。

 

個人で出来るサイバー攻撃対策

企業ではこういったウィルスの感染は完全に防げないことを前提に、システムに対策を取ることが必要となってくる。

では、個人レベルで、自分のパソコンを外部から守るためにはどうしたらいいのだろうか?

送信元の不明なメールは開かない

誰から送られてきたのかわからないメールは、不用意に開かないのが最も大事なこと。

巧妙なメールタイトルを付けているため注意が必要だ。

「医療費のお知らせ」「税金についての~」「○○銀行から緊急のお知らせ」などなど。

フリーメールからのメールに気を付けよう

特に気を付けたいのが、フリーメールからのメール。誰でも簡単に取得できて、しかも使用者の特定が困難。普通の企業や公共機関なら、フリーメールは絶対に使うことはないだろう。

代表的なのはGメール「○○@gmail.com」やヤフーメール「○○@yahoo.co.jp」なんてものだね。

添付ファイルの形式にも注意を払おう

メールに添付されている文書ファイルがあったとしよう。

「添付されている文書をご確認ください」なんて。

そんな時に気を付けたいのがファイル名の次に記載された拡張子だ。

通常の文書ファイルなら「docx」や「doc」 が一般的。PDFファイルなら「pdf」。

だけど「exe」という拡張子には気を付けて欲しい。

「医療費のお知らせ.exe」みたいな感じだね。

exeはプログラム実行ファイルなので、開いたとたんに変なウィルスが発動してしまうかも知れないのだ。

OSを最新のものにする

自分の使用しているパソコンがどこのメーカーのものであれ、OSを常に最新のものに保っておくのはとても重要だ。

それはインストールしているソフトもそうだし、スマフォのアプリでもそう。

以前ウィンドウズXPのサポートが終了し、問題になったことがある。サポートが終了するという事は最新の更新もストップするという事。常に進化するのウィルス攻撃に対処できないってことだ。

未だにウィンドウズXPを使っている企業や公共機関があったとしたら、危機意識がなさすぎるといっていいだろう。

OSの更新は自動的に行われることが殆どだけれど、きちんと更新されているか確認するのはとても重要だ。

セキュリティソフトを導入する

セキュリティソフトを導入する、そしてセキュリティソフトも常に最新の状態に更新し続けることも重要だろう。

セキュリティソフトによっては、メールに添付されたファイルをチェックしてくれるものもあるし、危険なウェブサイトは表示しないか警告を発してくれる。

OSを最新の状態にしておくだけでは完璧とは言えないだろう。もちろん、セキュリティソフトを導入したからと言っても完璧とは言えないわけだが。

個人で出来る3つのサイバー攻撃対策まとめ

  • 不審なメールに気を付ける
  • OSを最新状態にアップデートする
  • セキュリティソフトも最新の状態にアップデートする

個人情報を管理する企業や公共機関は別としても、個人レベルであればこういったことに気を付けていれば十分だろう。

 

また、万が一パソコンが使えなくなってしまった場合を考えて、外部の記憶媒体に重要な情報をバックアップしておく必要がある。

クラウドに保存しておくという方法もあるが、クラウドは容量が少ない場合もあるし、個人情報をクラウドに残すのはちょっと不安だ。

今は1TB以上のポーダブルハードディスクレコーダーが1万円以内で買えるので、1台持っておくと便利だろう。

USB経由で電源を供給できるのでとっても便利で、小型なので持ち運びも楽々!オススメです。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-生活の豆知識
-

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.