今話題の面白くて涼しげな”風説”を速報でお届けするブログです。

そよかぜ速報

生活の豆知識

冬の暖房はつけっぱなしがいい!?エアコンの電気代節約のためのコツ!!

投稿日:

「エアコンの冷房はつけっぱなしの方が電気代が安い」

今年の夏は、そんな衝撃の事実が世間を賑わせた。

では、エアコンの冷房ではなく暖房はどうなのだろうか?

冷房より電気代がかさむといわれる暖房。その経済的で効果的な使い方を紹介しよう。

スポンサーリンク

冬の暖房もエアコンはやっぱりつけっぱなし!?

エアコンが最も電力を消費するのは、スイッチを入れて設定温度まで部屋の温度を上げる時だ。その為、マメに暖房を切ったり入れたりしていると一見省エネになっているようで、その都度大きく電気代がかかってしまう。ある一定まで温まった室内の温度を一定に保つ方が、切ったり入れたりするよりも電力消費が少なくて済むのだ。

エアコンの暖房も、冷房と同様につけっぱなしの方が電力消費は少ないのだ。

 

では、つけっぱなしのエアコンをより効果的に、かつ経済的に使うコツとはなんだろうか?

暖房のコツ

暖房にとって最も大事なのは「あったかい空気」を逃がさない事だ。

例えば羽毛布団がなぜあんなにも暖かいかというと、フワフワの羽毛の中にたっぷりと空気が含まれていて、暖められた空気が逃げないようになっているから。ダウンコートも同様に、暖かい空気を逃がさないような構造になっているから暖かい。

これは部屋全体にも言える事だ。あたたか空気を逃さない事が大事。部屋のコンディションを整えることで、暖房の効果は格段にアップする。

空気の容積

まず第一に部屋にあるあらゆる窓やドアは閉める事が大事だ。押し入れやクローゼットがあったら、そこも閉め切ろう。12畳の部屋を暖めるより6畳の部屋を暖める方が電気代は安く済む様に、暖める空気の容積は少なければ少ないほど効率がイイ。その為には部屋を閉め切り、なるべく空気の容積を少なくする必要があるのだ。

空気を逃がさない

一度暖められた空気は逃がしてはいけない。熱は高い所から低い所に移動する性質を持っている。一番逃げる危険があるのは寒い外や、暖房の効いていない他の部屋だろう。

空気を逃がさないためには「他の部屋に移動するときにドアを開けたらすぐに閉める!」とか「外気と接している窓には厚手の断熱カーテンを使う」といったちょっとした習慣が有効だ。

加湿する

冬は乾燥する時期であるが、エアコンを使用するとさらに空気が乾燥してしまう。空気はある程度加湿した方が体感温度は上がるのだ。

加湿器を使用するなどして、部屋の空気を加湿すれば、体感温度を上げると同時に皮膚の乾燥や風邪の予防にもなるだろう。

サーキュレーターを使う

理科の授業で学んだと思うが、暖かい空気は上昇し、冷たい空気は下降するという特徴がある。これは暖房の効いた部屋の空気にも言える。天井付近の空気は暖かく、私たちが生活している床付近の空気が冷たいのだ。

そこでエアコンよりも電気代の安いサーキュレーターや扇風機を使用する。この風で部屋の空気を循環させれば、暖かい空気が下の方にも行き届き、暖房効率がアップするのだ。エアコンの送風の向きを下にするというのも効果があるだろう。

もしサーキュレーターがなければうちわや扇子でも代用可能。力いっぱい天井付近の空気を仰げば、空気の循環も良くなると同時に、その運動によって身体がポカポカと温まってくるだろう。

暖房の設定温度を1度下げる

暖房の設定温度は何度が最適なのか?それは人それぞれといっていいだろう。住んでいる地域や体型などによっても変わってくる。

その自分がいつも設定している暖房の設定温度を1度下げてみる。これだけで、月の電気代がずいぶんと違ってくるはずだ。

1度下げたらヒートテックインナーを1枚着る。

2度下げたら部屋着を1枚羽織る。

3度下げたらニット帽とマスクと手袋を着用する。

4度下げたら毛布を被る。

5度下げたらもう寝てしまう。

こういったちょっとした工夫で、電気代の節約になるのだ。

暖房節約テクニックまとめ

暖房はつけっぱなしでもOK!!部屋を閉め切ったり、ちゃんとカーテンを閉めて、暖かい空気を逃さないことで、暖房効果をアップする。加湿器やサーキュレーターを使うことも有効だ。

より経済的に暖房できるこれらのテクニックを、是非とも試してみて欲しい!

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-生活の豆知識

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.