ニュースやオカルト、雑学に健康などなど、暇つぶしになるような面白いネタを紹介するブログです!!

そよかぜ速報

危機対策

1997年の史上最強エルニーニョ現象で起こった災害とは?2015年のエルニーニョはそれを超える規模になるという発表が!

投稿日:2015年10月19日 更新日:

どうやら2015年のエルニーニョ現象の規模が、観測史上最強を記録しそうな勢いらしいと、米海洋大気局(NOAA)が発表した。

その規模は20世紀最強のエルニーニョ現象だった1997年に匹敵、もしくはそれを超えるだろうと推測されている。

1997年に世界を襲った異常気象の内容とは?そして日本にはどのような影響があるのか?それらを紹介しよう。

スポンサーリンク

 

1997年春~1998年春にかけてのエルニーニョ現象がもたらした異常気象

エルニーニョ現象とは、太平洋の赤道付近からペルー沿岸までの広範囲で海水の温度が上がる影響で発生する異常気象の事。地球温暖化がその原因の一つと考えられている。

近年最も強力だったエルニーニョ現象が1997年の春から1998年の春まで続いたもの。20世紀最強のエルニーニョ現象と言われていて、海水の温度が通常より5度も上がっていた海域もあるとい。

そんなエルニーニョ現象は、海水が高温になる事による気流や海流の変化で、様々な異常気象の原因となる。

最強のエルニーニョ現象だった1997年に世界を襲った異常気象を紹介しよう。

 

  • 東南アジア各国やオーストラリアで雨が少なくなり、乾燥のための森林火災が多発。
  • アフリカ東部では干ばつの続いていたが、1997年のエルニーニョで一転して凄まじい豪雨に見舞われた。河川の氾濫等による死者は約1,700人にも上ったという。これによりウイルス感染症も蔓延した。
  • インドネシアでは雨が少なくなり、大規模な干ばつが発生。
  • 米国南部やメキシコの一部地域で多雨となった。洪水や暴風雨により大きな被害が発生した。
  • アルゼンチンやブラジル南部では洪水により2万人以上が避難した。
  • チリでは大雨で数万人が被災した。
  • ペルーでは異常高温となり、一部では平均気温よりも6度も高くなった地域もあったという

世界中に猛威を振るうエルニーニョ現象の影響は、その地域により違いがある。雨が多くなり洪水が発生する地域や、雨が少なくなり干ばつや乾燥による火災が起きる地域があるのだ。

では、エルニーニョ現象の日本への影響はどんなものだろう?

エルニーニョ現象の日本への影響

一般的に夏は暑いものだが、エルニーニョ現象が発生した時には冷夏になる。確かに今年の夏はお盆を過ぎたあたりから、ずいぶんと過ごしやすくなったのを覚えている。

「太平洋側を中心に南から湿った気流が入りやすかったため、降水量が多く、日照時間が少なくなり、冷夏となりました。」

気象庁も2015年は冷夏だったと発表している。

鬼怒川決壊を始め、今年は記録的な豪雨による水害が多発した。これもエルニーニョ現象が原因のひとつであったと考えられる。

 

では今年の冬はエルニーニョ現象でどの様な影響をうけるのか?

通常の冬の気候は、日本海側は雪が多く、太平洋側はカラッとした晴れが多いというもの。

エルニーニョ現象が発生した場合はそれが逆になり、日本海側で晴れが多くなり、太平洋側で天候が崩れることが多くなる。

そして全体として暖冬になり、日照不足による作物への影響が懸念される。

1997年の記録的エルニーニョ現象の時には、特に西日本などで記録的な暖冬となり、太平洋側では天候が崩れる日が多くなり、いつもの2倍もの降水量を記録した。

 

それを踏まえた上で、日本へのエルニーニョ現象の影響をまとめてみよう。

  • 日本海側で雪が降らないため、スキー場が困る。
  • 太平洋側でいつも以上に雨や雪が多くなるため、成人式やセンター試験の日に大雪になる可能性がある。
  • 日本では暖冬や日照不足で作物に被害が出て値段が高騰する
  • 世界中で異常気象が起こり、輸入物の野菜やコーヒー豆の値段が高騰する
  • 暖冬により暖房器具が売れなくなり、メーカーや量販店の売り上げが落ちる(関連銘柄の株価が下がる)

暖冬?寒くなくてラッキー!!と思うかも知れないが、冬は寒くあるべきであり、暖かいと様々な弊害は発生するのだ。

 

史上最強のエルニーニョ現象が襲う、といわれる2015年の冬。なかなか個人で対策を立てることも難しい。何事もなく過ぎて欲しいと祈るばかりだ。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-危機対策

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.