今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

健康とダイエット

簡単に太る方法とは?ガリガリ痩せ体形がふっくら標準体形になるための最強の食事法。

投稿日:2016年8月10日 更新日:

男性も女性も、痩せすぎているとモテない!

しかも痩せすぎの体形だと、風邪をひきやすくなるし、ちょっとした運動でも疲れやすくなる。

特に高齢者の方は、痩せているよりもちょっと太っているくらいが寿命が長くなることが分かっている。

痩せてガリガリの体形はいいことナシなのだ!

だけど「いくら食べても太らないよ~!」と悩んでいる人もいるだろう。

そんな人のために短期間に!効果的に!健康的に!魅力的に!痩せる方法を紹介しよう。

スポンサーリンク

太るための最強の食べ物は?

2択クイズ!!太る食べ物はどっちだろう?

①脂身たっぷりの血のしたたるステーキ!!

②まんが日本昔話に登場するような、天を貫く山盛りのご飯!!

 

答えは…②の山盛りご飯だ。

 

実は太るために最も即効性がありオススメなのが炭水化物(糖質)を食べること。

糖質はタンパク質や脂質と比べても、摂取してすぐにエネルギーとして吸収が始まる。そして、過剰なカロリーは脂肪細胞に蓄えられる。

脂身たっぷりのステーキにも炭水化物が含まれているものの、ほとんどが脂質とタンパク質。肉って、実は太らない食品なのだ。

それにくらべて、ご飯には炭水化物が豊富に含まれている。肉や脂身を食べることで太るイメージがあるけれど、実はご飯・パン・うどん・パスタのような炭水化物のほうが遥かに太りやすい。

しっかりとご飯を食べることで、しっかりと脂肪を付けることができるだろう!

最高に太る食事法!

太るのに最適なのは炭水化物(糖質)というのはわかった。では、最高に太る食事法どうなんだろう?

答えはとてもシンプル。

つまり「極限まで空腹状態になった後にガッツリと食べまくる」という食べかた。

空腹状態で急に食べると、血糖値が急上昇。その結果、多量のインシュリンが分泌される。

このインシュリンが過剰なカロリーを脂肪として蓄える作用があるのだ。

 

相撲取りは基本的に昼と夜の1日2回の食事だ。午前中にたっぷりと稽古をして、おなかペコペコの状態でお昼に大量のちゃんこを食べる。それによって効率的に体重を増やすという、伝統の食事方法だ。同じように、朝食を抜いてお腹の空いた状態でたっぷりと昼ご飯を食べるのが太るのに有効だろう。

相撲取りはメディカルチェックをしても、あんなに太っているのにその健康状態に問題はないという。

ただ朝食を抜いて昼にたくさん食べるのでは、健康を害してしまうかもしれない。しっかりと運動して、しっかりと食べる、これが健康的に太るポイントだ。

男性向け!しっかりと筋肉をつけて太るプロテインの選び方

先ほども説明した通り、太るために一番効果的なのは「炭水化物」だ。

市販されているプロテインを飲むと太るというイメージがあるが、実はちょっと違う。プロテイン=タンパク質であり、タンパク質は炭水化物と比べて太りづらい。プロテインはあくまでも筋肉を作るための有効なのであって、豊かな脂肪を付けるのには向いていないのだ。

そんな中でも体重増加にスポットを当てたプロテインがある。

カーボ(炭水化物)配合のプロテイン

カーボ配合のプロテインであれば、炭水化物やタンパク質、ビタミンにミネラルが豊富に摂取でき、効果的に太ることができるだろう。

女性向け!バストアップ・サプリを飲むより効果的な方法!

女性が豊かな胸を手に入れるためには、ふたつの要素を同時に満たす必要がある。

①たっぷりの脂肪

②たくさんの女性ホルモン

このふたつの要素を同時に満たす奇跡の食材がある。

それが大豆だ。

大豆には女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが豊富に含まれている。大豆=タンパク質と思うかもしれないけれど、炭水化物も豊富に含まれている。

中国では毎日ガブガブと豆乳を飲みまくった男性が、男性なのに胸が膨らむという珍事が報道されているくらいだ。

女性ホルモンと脂肪は互いに補い合っている

女性ホルモンには女性らしいふっくらボディを作り上げるために、身体に脂肪を蓄える作用がある。これは知っているだろうが、実は脂肪自体にも女性ホルモンを作り出す作用がある。

加齢とともに女性ホルモンの分泌が減っていく30代以降は、とくに脂肪の存在が重要になってくる。脂肪がたくさんあったほうが、いつまでも女性ホルモンの分泌が盛んになり、女性らしい体形を維持できるのだ。

脂肪と女性ホルモンは、お互いに助け合っている関係といっていいであろう。だからこそ、脂肪と女性ホルモンを増やす大豆が効果的。

脂肪と女性ホルモンが増えれば、胸が小さい女性にはバストアップ効果がある。高齢で痩せているのなら女性らしい体形になるし、髪の艶とコシがあらわれたり、更年期障害が改善するだろう。

バストアップ・サプリメントよりもおすすめは?

世の中にはたくさんのバストアップ効果がるとされる、怪しげなサプリメントが販売されている。

その内容を見ると、だいたいが女性ホルモン様作用のある成分が配合されていたり、ビタミンやミネラルが配合されていたりする。たしかにそれなりの効果はあるのかもしれないが、もっと効果的な方法がある。

大豆プロテインだ!!

値段ばかり高くて効果の怪しいバストアップ・サプリメントを買うよりも、それだけでイソフラボン・タンパク質・炭水化物を丸ごと摂取できる大豆プロテインをアマゾンで買ったほうが、はるかに安いし安心だし効果的だろう!

 

これはまったくの個人的な見解なのだけれど、絶対に痩せているよりも太っている女性のほうが魅力的に感じる。

「ダイエットしようかな~」と言っている女性のほどんどは、その必要性がまったくないと思っている。

けっして一部のアメリカ人のように太れと言っているのではない。

太るのではなく”標準体重”になることは、健康の面からも、見た目的にもとても重要ではないだろうか!?

食べても太れない原因と太る方法

効率的に太るには糖質をたくさん食べるのが大事。健康的に太るには、糖質以外にもタンパク質(プロテイン)や脂質、各種ビタミンやミネラルの摂取も大事。

うん、それはわかったよ!!

だけど…どれだけご飯を食べても、肉を食べても、太れない。プロテインを飲んでも、栄養補助食品を食べても、太れない。毎食、満腹まで食べてもぜ~んぜん太れない!!

…そんなすごく太りにくい体質を持った人がいる。

 

そんな人の太れない理由は腸内細菌にあるかもしれない。

最新の研究で、太りにくい人、太りやすい人の腸内細菌がまったく違うことが判明した。

この研究はイギリスの科学雑誌ネイチャーに発表されたもので、太りやすい人の腸にはファーミキューテス菌が多く、痩せやすい人の腸にはバクテロイデス菌が多かったという。

つまり…食べても食べても太れない人は、腸内細菌の働きによって栄養の吸収が阻害されている可能性がある!!

 

そこで、”栄養を効率的に吸収するための腸内環境”に着目した、太るサプリメントが販売されている。

それが「ファティーボ」だ。

数少ない太るためのサプリメントの中でも、今一番売れている商品。もしどれだけ食べても太れないのなら、ファティーボを試してみてはいかがだろうか。

ファティーボ

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-健康とダイエット

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.