ニュースやオカルト、雑学に健康などなど、暇つぶしになるような面白いネタを紹介するブログです!!

そよかぜ速報

オカルト

ハロウィンのカボチャと、お盆のナスやキュウリに隠された伝説とは?

投稿日:

毎年10月31日はハロウィンだ。

日本ではみんなが仮装をして街に繰り出す「盛大なコスプレ・パーティー」と化しているけど、ハロウィンは古代ケルト人の祭事にルーツがある。古代ケルト人ににとっての1年の終わりは10月31日で、その日には死者が家族の元に帰ってくると信じられていた。

死者が家族の元に帰ってくる…。

これは正に、日本におけるお盆の風習と同じだ。

ハロウィンとお盆の類似性はこれだけではない。

どちらの祭りも「野菜を飾る」という風習を持っている。

ハロウィンではカボチャが飾られるが、お盆ではキュウリで作られた馬やナスの牛が飾られる。

これらの野菜にはどんな意味があるのだろうか?

スポンサーリンク

ハロウィンでカボチャが使われる理由

ハロウィンではカボチャをくりぬいて中に火を灯し、魔除けとして飾る風習がある。

このカボチャを「ジャック・オー・ランタン」と呼ぶ。

英語で表記すると「Jack-o'-Lantern」となる。この文は「Jack of the lantern」の略で、和訳すると「ジャックの提灯(ちょうちん)」といった意味になる。

ジャックという人がカボチャをくり抜いてランタンを作った伝説でもあるのだろうか?

ジャック・オー・ランタンの伝承

昔々、あるところに、ずる賢くて嘘つきでくそったれなジャックという悪党がいた。

ジャックはハロウィンの夜も酒場で飲んだくれていたが、そこで地獄から来た悪魔と出会う。

悪魔はジャックの魂を取ろうとするが、ずる賢いジャックは悪魔に一つの提案をする。

 

「俺の魂は差し上げよう。だけど、最後に美味い酒を飲ませてくれ!!」

 

悪魔はその願いを了承し、自分自身をコインに変化させて酒代を払おうとする。

しかしジャックは素早くそのコインを自分の財布にしまい込み、悪魔を出られないように封印してしまったのだ。

「だ、だしてくれぇ~」と懇願する悪魔。

ジャックは悪魔と「二度と自分の魂は取らない」という約束をし、その代わりに解放する。

 

その後、何十年も時が経ち、ジャックは寿命で命を落とすことになる。

ジャックの魂は、生前の悪党っぷりから天国に入るのを拒否される。

天国に入れない魂は地獄へ行くしかない。

地獄にたどり着いたジャックの魂の前に、あの時の地獄の悪魔が再び現れた。

 

「お前の魂は取らないと約束したから、残念だけど、お前を地獄に入れることはできないよ」

 

悪魔との約束があるせいで、ジャックの魂は天国に地獄にも行けなくなってしまったのだ。

暗闇の中でジャックは悪魔に最後のお願いをする。

「…火を…明かりをくれないか?」

悪魔は地獄の炎をジャックに与える。

ジャックは道端にあったカブをくり抜いてランタンを作り、そこに地獄の火を灯した。

永遠に広がる真っ暗闇の世界に、小さく頼りない光が灯った。

 

こうしてジャックの魂は、天国にも地獄にも行けず、あの世とこの世の境目を永遠にさ迷うことになった。

手にカブのランタンを下げながら…。

これがジャック・オー・ランタンの伝説だ。

ハロウィンでは死者が家族の元に帰ってくるが、その時に悪い霊も同時に現世に現れるといわれている。

そんな悪い霊を避けるため、ハロウィンの時期にはジャックが作ったランタン(ジャック・オー・ランタン)を魔除けとして飾る風習がある。わざと怖い顔のランタンを作るのも、悪霊を怖がらせるためだという。

 

ハロウィン伝承がアメリカに入ってきたとき、アメリカではカブは一般的な野菜ではなく、その時広く栽培されていたカボチャを代用することにした。こうして、ジャックが地獄の火で作ったランタンは、アメリカで「カボチャのランタン」として広まったといわれている。

それにしても、嘘つきジャックの相手をした悪魔が優しすぎて泣けるわ。

お盆でナスやキュウリが使われる理由

obon

日本のお盆はハロウィンと同じく、先祖の霊があの世から自宅へ戻ってくるという言い伝えがある。

地方によって風習は変わるかもしれないが、お盆では夏野菜のナスやキュウリを使って動物を作り、軒先に飾ることが多い。

これを「精霊馬」(しょうりょううま)と呼ぶ。

キュウリに割りばしなどを刺して4本脚をつければ「馬」であり、ナスの場合は「牛」になる。

 

キュウリで作った足の速い馬は「先祖の霊が馬に乗って早く家に帰ってこれるように」との願いが込められている。

ナスで作った足の遅い牛は「先祖の霊にゆっくりとあの世に帰ってほしい、供物をたくさん運んで帰ってほしい」との願いが込められている。

 

もしお盆にカボチャと輪切りのキュウリで「カボチャの馬車」を作ったとしたら、先祖の霊も豪華な気分であの世に帰れるかもしれない。

ハロウィンのコスプレは無意味なのか?

ハロウィンでお化けのコスプレをするのも、ジャック・オー・ランタンを飾るのと同様に、現世に現れた悪霊を避ける意味合いがある。

しかしながら、日本では先祖の霊はお盆に帰ってくるので、10月31日に帰ってくることはないだろう。もちろん、そのついでに現世にやってくる悪い霊も現れない。

少なくとも日本では、ハロウィンの仮装には何の意味もないのだ。

だとしたら、私たちは渋谷の街でバカ騒ぎする若者たちを見下して「意味のないことを…」と冷笑すればいいのか?

部屋にこもって、パンプキン・シュークリームを食べながら、ドイツのヘビメタバンド「ハロウィン」のアルバムを爆音で聞いていればいいのか?

 

…いや、違う。

 

私たちは無意味な行為と認識してもなお、スーパーマリオのコスプレをして、でっかいキノコのぬいぐるみを片手に部屋を飛び出すべきだろう。たとえ渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で孤独にさいなまれたとしても。

くだらないこと。

意味のないこと。

何の役にも立たないこと。

それこそが人生を豊かにするのだから。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-オカルト

Copyright© そよかぜ速報 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.