ニュースやオカルト、雑学に健康などなど、暇つぶしになるような面白いネタを紹介するブログです!!

そよかぜ速報

ネタ

屁食い同士とは?その意外な言葉の意味を紹介!

投稿日:

スマホのフリック入力で間違って「へくい」と入力してしまった。

すると驚くべきことに予測変換に「屁食い」という言葉が!

 

屁を…食う!!?

 

いったい「屁食い」とは何なのだろうか?

気になったので調べてみたところ、そこには予想外の意味があった!!

スポンサーリンク

屁食いとは何なのだろうか?

屁食いと聞いて何をイメージするだろうか?

 

ひとりのおっさんが畳の部屋に四つん這いになっていて、その汚いケツむき出しにしている。

そうして、もうひとりのおっさんがその小汚いケツに顔面を密着させている。

「くぅ…そろそろ…で、でるぞ~!」

「いいぞ!いつでも来いッ!!」

ぶほっ!

もふっ!(屁を口に含む)

「おごっ!おごごっ!!」

 

…This is 屁食い。

 

そんなイメージを持つ人も多いのではないだろうか?

調べてみると「屁食い同士」という言葉には予想外の変な意味があったのだ。

屁食い同士の意味とは?

屁食い同士(へくいどうし)

きわめて親密な間がら。遠慮のない仲間

参照元:屁のページ「屁のことわざ慣用句

屁食い同士は”気の置けない間柄の親友”って意味があったのだ。

 

なんで屁を食い合うことが親友?

この言葉が出来た経緯はまったく不明だ。親密な間柄であれば、屁を食い合う…現在では廃れた文化の中に、こんな事もあったのだろうか?

 

屁は臭いものだ。

かつてお風呂の中で屁をこいた時、その純度100%の屁が水面にはじけた瞬間に臭いを嗅いだことがある。

めまいがした。

自分の屁でもこの様なのに、もしこれを他人同士で出来たとしたら…それは確かに”極めて親密な間柄”ってことだろう。

へくいどし

また、屁食い同士と似た言葉に「へくいどし」というものもある。

へくいどし
[意]同年輩の人、同じ釜の飯を食べた人。「戸喫同士」
※情報提供:緒方町誌▽同床で屁をかませあった幼馴染
※情報提供:岡藩のひらくち

参照元:Weblio辞書 へくいどしより

へくいどしもまた、屁を喰らわせあった幼馴染の事を言うようだ。

へくいどし→屁食い同士と変化したのかもしれない。

まとめ

とても親密な間柄を示す言葉はたくさんある。

心の友

裸の付き合い

莫逆の友

竹馬の友

気が置けない友

断琴の交わり

水魚の交わり

そして屁食い同士。

 

「おれたち、屁食い同士だよな!!」

明日からの日常会話に、是非とも使ってみて欲しい。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-ネタ

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.