ニュースやオカルト、雑学に健康などなど、暇つぶしになるような面白いネタを紹介するブログです!!

そよかぜ速報

食べ物

ホモチョコに義務チョコ?バレンタインデーに送られる本命チョコや義理チョコ以外の変なチョコレートたち

投稿日:2016年1月20日 更新日:

2月14日バレンタインデー。

いつもは男の子からの愛の告白を待つばかりの引っ込み思案な少女も、この日ばかりは違う。思いを寄せる男の子に勇気を振り絞ってチョコレートを贈り、自分の想いを伝えることが出来るのだ。

そんな素敵なバレンタインデーであるが、ロマンチックな本命チョコばかりが存在するわけではない。

義理チョコなんてのは、その最たる例だろう。

しかし世の中には、義理チョコ以外にもたくさんの○○チョコが存在する。

例えばホモチョコや義務チョコだ。

どんな○○チョコがあるのだろうか?

スポンサーリンク

バレンタインデーを彩る○○チョコ

女性が好きな男性にプレゼントするのが本命チョコ。職場やクラスメートの男性に義理で渡すのが義理チョコ。

しかしバレンタインデーには、そんな本命や義理チョコ以外にもたくさんの○○チョコが存在する。

 

パパチョコ→お父さんに贈るチョコ。

ジジチョコ→じいさまに贈るチョコ。

逆チョコ→男性から女性に贈られるチョコ。

友チョコ→友達に贈るチョコ。

ご褒美チョコ→自分に贈るチョコ。

世話チョコ→お世話になっている人に贈るチョコ。

部下チョコ→職場の部下に贈るチョコ。

義務チョコ→立場上、贈らなければいけないチョコ。

ユリチョコ→女性が好きな女性に贈るチョコ。

ホモチョコ→男性から男性に贈るチョコ。

 

「チョコ」がゲシュタルト崩壊を起しそうなほど、たくさんの種類がある。贈る人の数だけチョコがあるといっていいかもしれない。

義理ではなく義務チョコなんて、バレンタインデーのめんどくささが如実に現れている。義理チョコや義務チョコが氾濫したおかげで、バレンタインデーのチョコ全面禁止!!なんて職場も実際あるようだ。ある意味で正解だろう。

その中でも特筆すべきはホモチョコ。男性の場合チョコレートを、友達に贈っても、上司に贈っても、先輩に贈っても、お世話になってる人に贈っても、相手が男性ならすべてホモチョコに分類されるという。

たしかに立場はどうあれ、男性が男性にチョコを贈るなんて…勘違いされたも致し方ないのかもしれない。

○○チョコを予想する。

これだけ沢山の種類があるのだから、きっとこれからも○○チョコの種類は増えていくに違いない。そこで、どんなチョコが現れるのか予想してみた。

麦チョコ→麦チョコから数粒だけ贈る、最下層の義理チョコ。

息子チョコ→モテない息子に対して母親が贈る優しさの詰まったチョコ。

人情チョコ→人情とは思いやりの事。ひどく傷ついている人や悲しんでいる人に贈る、義理ではなく人情が詰まったチョコ。

奉納チョコ→神に献上するチョコ。神聖なるカカオ豆で職人がひと粒ひと粒丁寧に作り上げるハート型のチョコ。

LINEスタンプチョコ→もうね、これでいいと思うんですよ。LINEスタンプのハート形チョコのイラストだけで。有価証券も確定申告も手紙も写真も電子化してるわけだし、チョコも電子化でいいと思いませんか?

まとめ

たくさんの○○チョコを紹介したけれど、本命チョコしかないバレンタインデーよりは、いろんなチョコがあった方が楽しいかもしれない。

バレンタインデーは昔と違って、性別も立場も越えて「日頃の感謝をチョコレートに乗せて贈る日」に変化してきているのだろう。

だけれども、女の子からチョコを貰った男の子が「えっ…これ義理かな?それとも本命チョコ!?」なんてドギマギ考えるのは、時代が移り変わっても同じなんじゃないだろうか。

それに加えて、男の子からチョコを貰った男の子が「えっ…これホモチョコ?それとも…いや、ホモチョコだ!」と思うパターンが増えただけなのかもしれない。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-食べ物
-

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.