ニュースやオカルト、雑学に健康などなど、暇つぶしになるような面白いネタを紹介するブログです!!

そよかぜ速報

オカルト

ホピ族が予言する世界の終わりと、終末に現れる救世主”白い兄”の正体とは?

投稿日:2016年4月1日 更新日:

アメリカはアリゾナの秘境に「ホピ族」という少数民族がいる。

このホピ族には太古から伝わる”予言”があり、その予言によると現在の第4の時代は大いなる清めの日(世界の終わり)が近づいているという。

ホピ族に伝わる終末予言と、同じく伝説に伝わる救世主「白い兄」の正体とはなんなのだろうか?

スポンサーリンク

今は”第4の時代”ホピの神話とは?

ホピ族の神話では、現在の世界は”第4の時代”だという。

この世界は創造神ソツクナングが作りだしたと言われていて、世界は何度も、繁栄と滅びを繰り返しているのだ。

 

第1の時代は暴力と争いの絶えない世界となり、怒ったソツクナングが火山を爆発させ、世界を火の海に包み滅ぼした。

第2の時代は犯罪にあふれた世界となり、怒ったソツクナングにより厚い氷に閉ざされて滅びた。

第3の時代は高度な文明が築かれ「空飛ぶ盾」が発明される。この空飛ぶ盾によって争いが繰り返され、これに怒ったソツクナングが大洪水を起こして世界を滅ぼした。(空飛ぶ盾はUFOともいわれている)

大洪水で世界が滅ぶという伝承は、世界中のあらゆる場所に伝わっている奇妙な共通点だ。

 

 

そして今は第4の時代。

ホピ族のご先祖様は第4の時代の守護者サマウから、聖なる石板を授けられたという。その石板はふたつに分けられ、とある兄弟に託される。

弟は石板のかけらを持ち、ホピ族の長になった。そして兄はもうひとつの石板のかけらを持って、はるか遠くへ旅立ったという。

この旅だった兄の事を「白い兄」と呼ぶのだ。

原爆投下を的中させたホピの予言!

このホピ族の予言が的中し、一躍注目を集める事件が起きた。

第二次世界大戦で行われた、日本への原爆投下だ。

 

「母なる大地から心臓をえぐりだしてはいけない。もしえぐり取ったならば、それは灰の詰まった瓢箪と化し、空から降り、やがて世界を破滅に導く」

 

この予言にある”母なる大地に眠る心臓”とは、原爆の原料であるウランの事。そして”灰の詰まった瓢箪”とは、広島・長崎に落とされた「原爆」を意味する。当時の原爆は、瓢箪の形に見えなくもない。

ホピ族の住む地域は、ウランや石炭などの地下資源が豊富にある。日本に落とされた原爆の原料となったウランは、ホピ族の居住地から近い採掘場で発掘されたというのだ。

 

この予言が的中したことで、ホピ族とその伝承の予言は世界中から注目を集めるようになったのだ。

ホピ族の終末予言と救世主!

ホピ族の予言では第4の世界の終りも示唆されている。

 

「白人が置いた天の住居が大音響と共に落ちてくる。それが起きて間もなく我が民の儀式が終わる」

 

この様な予言がある。天の住居が落ちることが、終末へのきっかけとなるという予言だ。

天の居住とはなんなのか?

ひょっとしたら”白人の置いた天の居住”とはテロの標的となって崩れ去った世界貿易センタービルのことかもしれない。

或いはそれは国際宇宙ステーションの事で、国際宇宙ステーションがいつか地球に落下してくるのかもしれない。

ともあれ、いま世界中でテロや争いが続いている。それは第4の時代は終わりが近づいている前兆なのだ。

 

しかし世界が終わるとは限らない。予言では救世主の出現をも示唆しているからだ。

 

「大いなる清めの日が近づいたとき、遠い世界へ旅だった白い兄が欠けた石板を持って戻り、世界を邪悪から清め、平和に導きいれる」

 

伝承では大いなる清めの日の前に、1万年前にホピの石板をもって旅立った白い兄が返ってくるという。そしてその白い兄が世界の救世主になるのだ。

その白い兄は”日が昇る国”からやってくるといわれ、その時白い兄は2人の従者を従えているという。

ひとりは卍と十字の紋章をもつ。

もうひとりは太陽の紋章を持つ。

日が昇る国は日本の事だという。そして従者が持つ紋章の卍はドイツ、十字はイタリア、太陽は日本を意味しているともいわれている。

これはまさに、第二次世界大戦の「日独伊三国同盟」と同じだ。これは偶然なのだろうか?

 

それに近年、沖縄の海底から奇妙な石板発掘された。この石板には謎の象形文字が刻まれていて、その文字はホピ族が使っているものととても酷似しているという。ひょっとしたら、これこそが1万年前に分かれたホピ族の聖なる石板なのではないだろうか。

その真偽は不明だが、もしかしたら大いなる清めの日は近く、それを救う救世主は日本人の中から生まれるのかもしれない。

 

救世主「白い兄」の出現は近いのだろうか!?

「黒い兄」であれば救世主は松崎しげるで確定なのだが…。

オススメ記事:死海文書が伝える2018年人類滅亡へのシナリオ!日本人から生まれる救世主とは誰なのか!?

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-オカルト

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.