今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

食べ物

記憶力を維持するガムを噛んでみた感想とその効果!!

投稿日:

最近はめっきりと記憶力が低下し、昨日の事すらあんまり憶えていないようなありさまなので、ロッテの記憶力を維持するガムを買ってみた。

このガムにはイチョウ葉のエキスが配合されていて、このエキスに記憶力を維持する効果があるという。

このガムを噛めば、ホントに記憶を維持できるのだろうか!!?

スポンサーリンク

イチョウの葉エキスの効果とは?

「葉につきにくいガム粒・記憶を維持するタイプ」のケース側面には、機能性表示食品としてのイチョウ葉エキスの効果が記載してある。

本品にはイチョウ葉由来フラボノイド配糖体・イチョウ葉由来テルペンラクトンが含まれます。イチョウ葉由来フラボノイド配糖体・イチョウ葉由来テルペンラクトンは、中高年の方の、認知機能の一部である記憶力(言葉や図形などを覚え、思い出す能力)を維持することが報告されています。

イチョウ葉由来フラボノイド配糖体やイチョウ葉由来テルペンラクトンが、人間の認知能力、記憶能力の維持に効果的という臨床実験の結果が6件もあるという。

その論文の詳細についてはわからないけれど、とにかくイチョウ葉は中高年の特定の記憶力を維持する効果があるようだ。

まあ、子どもや若者、高齢者の記憶力を維持するかどうかはわからないってことでもあるのだけれど。

記憶力を維持するガムを噛んでみた

記憶力を維持するガムを噛んでみたのだけれど、イチョウの葉エキスが配合されているためか、特徴的な苦味を感じた。

パッケージを見てみると、このガム、なんとほろにがミント味。確かにほろ苦いミント味であった。

で、どれくらい食べれば記憶力を維持する効果が発揮されるかというと、1日12粒。1日で1ケース全てを噛む必要がある。

1回2粒を10分間、1日1パックを目安にお召し上がりください。

パッケージにはこう記載がある。

6回×10分=60分ということは、1日に1時間はガムを噛み続ける必要があるってわけだ。

噛むという行為は、脳を刺激して記憶力や集中力をアップさせる、なんて研究は広く知られている。

1日に60分もがっつりガムを噛み続けたとしたら、イチョウの葉なんて関係なく、もうそれだけで凄く脳への刺激になって認知能力の保持に効果を発揮しそうだ。

 

実際に記憶力を維持するガムを噛んでみて、記憶が維持できたかというと…う~ん、わからない!!

そもそも、1日12粒も食べてないし、これじゃあ記憶力維持の効果も得られないだろう。

毎日1時間ガムを噛み続け、イチョウ葉由来フラボノイド配糖体やイチョウ葉由来テルペンラクトンを摂取し続けたら、或いは記憶力の低下を防げるのかもしれないけど…その前にガムの噛みすぎで頭が痛くなっちゃいそうだ。

 

とにかく、最近なんだか物覚えが悪いなぁ~と感じている中高年のみなさまにオススメのガムですね。

必ず1日12粒食べなきゃ効果でないってわけでもないだろうし、気が向いたときに噛むだけで、普通のガムを食べるよりは脳みそへの刺激になるんじゃないだろうか。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-食べ物

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.