今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

オカルト 危機対策

地震体感による予知は当たるのか?電磁波過敏症と地震体感の正体について

投稿日:

2011年の東日本大震災以降、日本人の地震への認識が一変した。

それに呼応するように、TwitterやFacebookで”地震の体感”というものを公表する人も増えてきた。

地震体感とは、地震が発生する前に頭痛、耳鳴り、身体が揺れる感じ、吐き気、めまいなど、さまざまな身体的不調が現れる現象のこと。

地震の体感を感じる人たちはSNSで「今強い体感を感じているので、数日は大きい地震に注意してください!」といった発言をしている。

 

そしてこれが実によく当たるらしい。

 

では”体感”は本当にあるのだろうか?

例えば大震災が発生する直前にネズミが全部逃げたとか、カラスが異状に騒いだとか、なまずが暴れたとか…そういった前兆現象が報告されることがある。

なまずなどの一部の魚類には「ロレンチーニ器官」という微弱な電流を感知する器官があるし、渡り鳥は地球の磁場を感知することができるといわれている。

地震発生前の地盤の圧力で発生した電磁波を動物たちが何らかの形で感知していたとしたら…地震の前に異常行動を起こすのもわかるきがする。(科学的根拠はないけど)

 

そしてもし、動物にそういった地震前の異常を感知できる能力があるのだとしたら、一部の感覚の研ぎ澄まされた人間でも前兆を感知できるのかもしれない。

それこそが”地震体感”の正体なのだろうか?

今回は地震体感の正体を考えてみたい。

スポンサーリンク

地震体感の正体とは?

地震の体感で発生する症状をもう一度確認してみよう。

  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • めまい
  • 心臓がドキドキする
  • 倦怠感
  • 喉や胃の違和感
  • 身体がユラユラ揺れる感覚

これらの感覚が”地震体感者”に発生する原因はなんなのだろうか?

地震体感の原因は電磁波過敏症かも!?

「ここ…WIFI飛んでるなぁ!!」

これはメイプル超合金のネタだけど、ホントにWIFIを感じてしまい体調不良になってしまうことがあるという。

それが「電磁波過敏症」だ。

電磁波過敏症は、携帯電話や基地局、家電製品や送電線などから発生する電磁波に晒されることで身体に様々な悪影響が発生する疾患のこと。

  • 皮膚がチクチクとする
  • 頭痛
  • 疲労
  • 精神的ストレス
  • 睡眠障害
  • 筋肉痛
  • 集中力の低下
  • めまい
  • 吐き気
  • 動悸
  • 消化器の障害

このような症状が発生する。これを見る限り、地震の体感と酷似している。

電磁波過敏症は医学的にその存在が認められたわけではなく、いま研究が勧められているところだ。

もし地震発生前に地盤への圧力によって空気中に多量の電磁波が放出されるとしたら…その強力な電磁波を人体が感知してしまい、いろんな体調不良が発生する可能性もあるだろう。

 

症状も似ているし、地震体感の正体とは電磁波過敏症なのではないだろうか!!?

地震体感に対する常識的な回答

…とはいえ、もっと常識的に考えるのなら、地震の体感は気象病の一部なのかもしれない。

気象病は気圧や温度、湿度などの変化によって発生する体調不良の総称。

雨が降る前の湿度や気圧の変化を敏感に感じる人はいるし、高気圧と低気圧で体調が変化する人もいる。気象状態の変化は、誰しもが無意識に感じているところだろう。

 

気象病の具体的な症状は、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、関節痛、肩こり、ぜんそく、古傷がうずく、うつ症状など。

これまた、地震の体感と酷似している。

特に気圧の急激な変化は耳の奥にある”内耳”に負担をかける。それによって平衡感覚がおかしくなり、乗り物酔いにも似た”グラグラ揺れる感覚”を感じる可能性もあるだろう。

 

気象病が原因の身体的不調の後に、偶然にも地震が発生する。この偶然が例えば3回連続で発生したとしたら…?

おそらく普通の気象病を「この耳鳴りは地震の前兆なんだ!」なんて勘違いしてしまう人もいるだろう。

特に東日本大震災以降には日本列島全体の地震頻度が跳ね上がっているので、そんな勘違いもしやすいはずだ。

地震体感を勘違いしやすい人の3つの特徴

でも、普通であれば、ちょっと頭痛がしたとか耳鳴りがしたとかを地震発生と結びつけないもの。

そこで「自分の体感が地震発生の前兆現象だと勘違いしやすい人」の特徴を心理学的に考えてみたい。

①心の発達が未熟

こういった勘違いは10代~20代の若い世代に多く、30代以上は激減する。35歳以上ともなれば、全体の数%ほどとなるだろう。

②女性である

女性は感受性が強く、些細な変化に敏感に反応する。対して男性は鈍感で、些細な変化に気づかない。この女性の特徴はメリットが多い反面、オカルト的な勘違いを引き起こしやすくもある。

③劣等感が強い

「地震体感を感じる自分は特別な人間である」という勘違い、その裏には強い劣等感と、自分を特別視して欲しいという自己顕示欲、自分は特別な人間である(ありたい)という願望がある。

 

もし地震体感者がこのような特徴を兼ね備えている場合、その体感は勘違いである可能性が非常に高い。

もちろん、ホントに地震の前兆を感覚としてとらえることができる人もいるかもしれないが…。

 

ちなみにこの記事を書いている2017年11月13日現在で、直近数日間に発生した大きめの地震を挙げると…

  • 2017年11月13日三陸沖マグニチュード5.7 最大震度2
  • 2017年11月11日宮城県沖マグニチュード4.9 最大震度4
  • 2017年11月9日八丈島東方沖マグニチュード6.1 最大震度1

などがある。

おそらく「今強い体感を感じています。ここ1週間はマグニチュード5~6くらいの地震に注意してください。」と発言したとしても、50%くらいの格率で当たるだろう。

これを踏まえたうえで、地震体感を発信している人の内容を冷静に判断しよう。

もちろん、中には”ホンモノ”もいるかもしれない。電磁波過敏症なんて病気があるかもしれないんだし。しかしその殆どは”自分自身が本当に地震の体感を感じれていると思い込んでいる普通の人”のはずだ。

それこそ、信じるか信じないかはあなた次第!!ってわけだ。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-オカルト, 危機対策
-

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.