今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

雑学

日本人はジューン・ブライドを信じていない!?月別結婚数ランキングとジューンブライドの由来について。

投稿日:

6月に結婚すると幸せになれる…そんな奇妙なうわさを聞いたことがある。

「ジューン・ブライド」

今回はジューン・ブライドの由来と共に、厚生労働省が発表した信ぴょう性の高いデータを元に「月別結婚数ランキング」を作成し、ホントに6月に結婚が多いのか?という素朴な疑問の真相を探ってみたい。

スポンサーリンク

ジューン・ブライドの由来と月別結婚数ランキング!!

まずはジューン・ブライドの由来を説明しよう。

6月は英語で「June」と表記する。ジューンという名称は、ローマ神話における結婚生活の守護神ジュノーからとられている。

結婚生活の守護神の月だから、「6月に結婚式を挙げる花嫁は幸せになれる」という逸話があるのだ。

 

 

では次に、月別結婚数ランキングを紹介しよう。

この月別結婚数ランキングは、厚生労働省が調査・発表している「人口動態調査」のデータを元に作成した。

発表されている最も新しいデータが2014年のものであることを留意しておいてほしい。

ちなみに2014年に結婚したカップルの総数は525,361組

まずは月別結婚数ランキングのベスト3を紹介しよう。

結婚数が多い月ランキング・ベスト3!!

第1位:11月 59,984組

第2位:3月 54,676組

第3位:12月 48,214組

 

11月が堂々1位を獲得!!

11月、3月と、暑くもなく寒くもなく、ちょうどいい気候の月がランクインしている。

まさかとは思うけれど、11月22日(良い夫婦の日)に結婚するカップルがめっちゃ多かったりして?

 

次は一気に4位~9位までを発表しよう。

結婚数が多い月ランキング・4位~9位

第4位:7月 48,031組

第5位:2月 43,989組

第6位:4月 42,572組

第7位:10月 42,365組

第8位:5月 42,082組

第9位:8月 40,750組

 

なんということだろうか!!ここまで来ても、ジューン・ブライドの6月がランクインしていないのだ。

普通に考えれば、真ん中くらいにランクインしていてもおかしくないはず。いったい6月は何位にランクインしているのか!?

 

では最後に、ワースト3を発表しよう。

結婚数が多い月ランキング・ワースト3!!

第10位 6月 40,503組

第11位 9月 36,095組

第12位 1月 26,100組

 

1月がダントツでのワースト1位。確かに新年早々はバタバタしているし、結婚するという感じでもないのかもしれない。

(この前出席した結婚式はたまたま1月に開催された。肩丸出しの新婦や出席している女性陣、めっちゃ寒そうだった…)

 

それにしても、結婚したら幸せになれる6月がワースト3位なのは意外だ。雨が多い梅雨時期を避けているのだろうか?

この結果を見る限り、日本人にジューン・ブライドはあまり浸透していないようだ。

日本人にオススメの結婚月は?

ジュノーはローマ神話の神様であり、日本人にはあまり馴染みがない。

そこで、八百万の神がいるという日本の”結婚の神様”を調べてみた。

結婚の神様こそいなかったものの、夫婦円満の神様はいた。

日本神話の主人公的存在であるスサノオの嫁さんである奇稲田姫(クシナダヒメ)だ。

 

でもクシナダヒメの月日があるわけじゃないので、代わりにクシナダヒメのお祭りの日を調べてみた。

スサノオとクシナダヒメが祀られている祇園神社には、超有名な「祇園祭 」という祭りがある。祇園祭は京都の夏の風物詩で、7月1日から1か月間も行われる。この祭りが夫婦円満の神様クシナダヒメを祀っているのなら、日本人に最適な婚姻月は7月なのかもしれない。

7月に結婚すれば、ず~っと夫婦円満でいられるかも!?

 

…でもまあ、1年で最も結婚に適しているのは、やっぱり11月22日(良い夫婦)なんだろうね。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.