今話題の面白くて涼しげな”風説”を速報でお届けするブログです。

そよかぜ速報

生活の豆知識

ドコモのiphoneを格安スマホに変更する際のオススメ料金プランとは?

投稿日:

私はドコモのiphone5sを使っている。

通話にはほとんど利用せず、ひと月の通信データ量も1G~2G程度。それでいて、月額利用料は約7,000円!!

これはもう、格安スマホにした方がいいのでは??

そうすれば、月々の利用料が2000円以内に抑えられるんじゃね!??

というわけで、今使っているiphone5sをそのまま利用すること前提で、格安スマホ各社の料金プランを比較してみた。

 

「とにかく安ければ安いほどいいんだ!!!」という人向けの料金プランを紹介したい。

スポンサーリンク

格安スマホオススメの会社と料金プラン

まずは私のスマホ利用環境を簡潔に紹介。

  • 機種:ドコモのiphone5s
  • 利用期間:2年10カ月
  • 月額利用料:約7,000円
  • 月のデータ利用料:1~2GB
  • 希望:とにかく安い料金プランでiphone5sを使い続けたい!

この条件で、最適の料金プランを主要な格安スマホ会社で比較・検討してみた。

今持っているスマホは格安スマホに移行できるのか?

そもそも、今持っている約3年前のiphone5sは、そのまま使えるのだろうか?

スマホには通常SIMロックってやつがかかっていて、ドコモで買ったスマホはドコモでしか使えないはず。

だが、調べてみると、ドコモのiphoneであれば使えることがわかった。

格安スマホを取り扱っている会社の9割以上は、実はドコモの回線を利用している。

ドコモで買ったスマホであれば、SIMロックの解除なしに格安スマホが利用できるのだ。

もしauやソフトバンクで買ったスマホであれば、2015年5月1日以降に発売された端末なら、購入から半年経過していれば無料でSIMロック解除が可能。SIMロックの解除方法は、auやソフトバンクのホームページで確認すればわかるだろう。

通話やデータ通信の利用範囲も、ドコモの回線を使っているので、ほとんど問題なし。

 

では、愛用のiphone5sが使えることがわかったところで、格安スマホ各社を比較してみよう。

比較したのは下記の4社。

  • Y!モバイル
  • 楽天モバイル
  • U-モバイル
  • ビッグローブモバイル

格安スマホの新しい会社は、雨後の竹の子のようにたくさん出てきているけれど、ある程度大手の会社に絞ってみた。

Y!モバイルのメリット・デメリット

「ワンキュッパ!」のCMでおなじみの月額1980円で使えるスマホプランSを調べてみた。

  • ケータイも固定電話も10分以内なら通話料無料。
  • ヤフープレミアムもセット
  • ヤフーショッピングでいつでもポイント5倍
  • 最初の12カ月は1,980円だけど、それ以降は2,980円に値上がりしちゃう。
  • 2年間を契約期間を自動更新。途中解約は9,500円かかる。

通話が10分無料なので、よく電話をかける人、ヤフオクを使う人、ヤフーショッピングでTポイントを貯めている人にオススメ。

Y!モバイルのサービス詳細はこちら→Y!mobile

楽天モバイルのメリット・デメリット

1か月1,600円で使える3.1GBプランを調べてみた。

  • 月々の支払で楽天ポイントがたまる
  • 楽天市場でのポイントがいつでも2倍になる
  • 使っていないデータ量がよく月に繰り越し可能
  • 通話料が20円/30秒。5分かけ放題が850円で利用可能。
  • 12カ月以内に解約すると9,500円かかる。13カ月以降であれば解約料無料。

楽天市場はあまり使っていないけれど、使っている人には便利かもしれない。

楽天モバイルのサービス詳細はこちら→【楽天モバイル】

U-モバイルのメリット・デメリット

U-モバイルは株式会社USENの業部が独立した株式会社U-NEXTが提供する格安スマホ。

月額使用料1,580円の通話プラス3Gを調べてみた。

  • 最低利用期間6か月以内に解約すると6,000円かかる。
  • データ通信量3GB
  • データの繰り越しが出来ない。
  • 通話料が20円/30秒。

1,580円は最安値。付加価値的なサービスもあまりなく、シンプルな印象。

U-モバイルのサービス詳細はこちら→格安スマホなら「U-MOBILE」

ビッグローブモバイルのメリット・デメリット

月額利用料1,600円の3GBエントリープランを調べてみた。

  • 最低利用期間12カ月以内に解約すると8,000円の解除料がかかる。
  • ビッグローブの接続サービスを利用していると割引になる。
  • 20円(税別)/30秒

ビッグローブモバイルのサービス詳細はこちら→BIGLOBEスマホ

結局、格安スマホの会社はどこがいいのか??

簡単に主要な4つの会社を比較して紹介してみた。

その他にも、ラインモバイルやUQモバイル、マイネオスマホ、DMMモバイルなどのプランも確認してみたけれど、わかったのはだいたいのサービスと金額は似通っているってこと。

どこを選んだとしても、大きく得をしないけど、大きく損もしない感じ。

 

「1カ月3GBの通信料+音声通話」であれば、だいたいどこも1,600円が相場。

「データ通信+音声通話+無料通話」というサービスであれば、だいたいどこも1,980円が相場。しかも、ほとんどの会社がキャンペーン期間が過ぎれば値上がりするし、契約期間が2年間で毎年自動更新になる。

通話料に関してはほとんどの会社が「20円(税別)/30秒」で固定。

通話はほとんど使わないし、もし使う場合でもLINEアプリ内にある「LINE OUT」というサービスを利用すれば、携帯へは14円/1分、固定電話へは3円/1分で通話できるので問題ない。

そう考えると、最も自分に合った格安スマホは「楽天モバイルの3.1GBプラン」という結論に。

  • 使わなかったデータが翌月に繰り越せる
  • 使用量が3.1GBとちょっとだけ多い
  • たまに楽天市場で買い物する
  • 楽天カードや楽天銀行も持ってる
  • 1年経過すれば解約も自由
  • 楽天にはすでにガッツリ個人情報を明け渡している

人によっても最適解は変わってくると思うし、その差は微々たるものかもしれないけれど、自分にとって一番安くて使いやすそうな格安スマホのプランは楽天モバイルの3.1GBプランでした。

特に楽天関係のサービスをよく利用するのなら、格安スマホは楽天モバイル一択ではないだろうか!?

 

これで毎月の携帯代が3分の1になるぜーーっ!!

☆楽天モバイルの詳しいサービス内容はこちら→【楽天モバイル】

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-生活の豆知識

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.