今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

ネタ

あなたの寿命は短いかも?生まれた年の太陽活動で寿命が変わるという研究を紹介!

投稿日:2017年2月22日 更新日:

占星術占いでは”生まれた瞬間の星の位置”によって、その人の運勢が決まるという。

その占いが正しいかどうかはわからないけれど、「生まれたときの太陽の活動状況」と、「生まれた赤ちゃんの寿命」は関連があるという。

あなたが生まれた西暦を確認すれば、あなたの寿命が長いか、それとも短いか、わかるかもしれない。

ノルウェー科学技術大学が行った、太陽の活動と寿命についての研究を紹介したい。

スポンサーリンク

太陽活動と寿命の関係とは?

太陽はあなたの幸運の星か、それとも?──太陽は11年周期で「活動期」と「静穏期」を繰り返すが、その静穏期に生まれた人たちは活動期に生まれた人たちよりも平均して5年ほど寿命が長いとする研究結果が7日、英学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)に発表された。

研究を行ったノルウェー科学技術大学(Norwegian University of Science and Technology)のチームが、教会の記録による1676~1878年生まれのノルウェー人8600人の人口統計データを、太陽の活動周期に関する観測データと重ね合わせて分析したところ、強力な太陽フレアと磁気嵐が発生する「太陽極大期」に生まれた人たちの寿命は、「太陽極小期」に生まれた人たちよりも平均して5.2歳短かった。また、この傾向は男性よりも、女性で顕著だった。

参照元:誕生時の太陽活動で寿命が決まる? ノルウェー研究(AFPBB)

太陽の活動が活発な時期に生まれた人は、そうでない人よりも平均寿命が5.2年も短い。

そんな衝撃的な研究結果が発表された。

この傾向は、男性よりも女性の方が顕著だったという。

 

なぜこのような寿命の差が生まれるのだろうか?

 

「太陽活動が活発化→紫外線が増える→体内の葉酸が劣化する→胎児の病死、死産が増える」

研究者はこのような”差”が生まれる原因のひとつとして、このように考えている。しかし、その正確な原因についてはまだまだわからないままで、引き続き研究が必要なようだ。

紫外線は強いと肌の老化の原因になるという。これを専門用語で光老化と呼ぶ。

もしかしたら、太陽の活発化により光老化が進み、その影響で寿命が短くなることもあり得るかもしれない。

 

もし、ホントに太陽が活発化する極大期に生まれた人間は寿命が5.2年短いとしたら?

自分が生まれた年の太陽はどんな感じなのか気になるところだ。

そこで、おおよその太陽極大期の期間について調べてみた。

太陽の活動が活発化していた時期

太陽はだいたい11年周期で、活発化と沈静化を繰り返している。

その活動状況をグラフにするとこうなる。

画像参照:国立天文台・太陽活動データベース

このグラフは太陽の黒点の数を計測したもの。黒点の数が多いと太陽の活動は活発化していて、黒点の数が少ないと太陽の活動は沈静化していることになる。

過去のデータを元に、活動が特に活発化していた時期をピックアップしてみた。

この期間に生まれていたら寿命が短いかも!?

  • 1968年~1973年
  • 1978年~1983年
  • 1989年~1993年
  • 1998年~2003年
  • 2012年~2015年

なんということでしょう!!

これらの期間に生まれていた場合、寿命が平均で5.2年短い可能性があるのだッ!!!

 

(ちなみに先ほどのグラフを見ると、近年の黒点数が減少傾向にあるのがわかる。このまま地球は氷河期に突入するという説を唱える科学者もいるようだ)

参考資料:太陽活動周期リスト(wikipedia)

ホントに太陽と寿命に関係はあるのか?

…とはいったものの、ホントに太陽の活動と寿命に何らかの相関関係があるのだろうか?

ノルウェーの研究チームは、1676年~1878年生まれのノルウェー人8600人のデータを調べ、この結果を導き出した。

データが古すぎる!

もし仮に、研究者が予測したように、紫外線による葉酸不足が原因で赤ちゃんに悪影響を及ぼした結果、平均的な寿命が短くなったとしたら…現在は医療技術が進んでいるし、母親の栄養状態も劇的に改善しているはず。

この結果がそのまま現代に当てはまるわけはないだろう。

 

さらに、もしホントに太陽の活動で死産が増えると仮定したとしても、無事に生まれた後では関係ない可能性が高い。

死産が増えると平均的な寿命を低下させるのは確か。でも、だからといって生まれてきた人間が太陽に晒されることで寿命が低くなるとか、生まれたときに太陽が活発化していると寿命が短くなるなんてことはないはずだ。

 

また、ノルウェーはほとんど北極圏に位置していて、白夜(1日中太陽が沈まない現象)や極夜(1日中太陽が沈んでいる現象)が発生する地域。

そもそも、ノルウェーと日本では太陽の日照時間がまったく違うのだ。

もし仮に、ホントに太陽活動が寿命に何らかの影響を及ぼすとしても、ノルウェーと日本ではその影響の仕方がかなり違っている可能性が高い。

 

そんなわけで、確かにノルウェー科学技術大学の研究の結果、太陽活動と寿命に相関関係がみられたかもしれないけれど、それがそのまま現代の日本に当てはまることはほとんどないのではないだろうか??

もちろん、信じるか信じないかはあなた次第!!

関連記事

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-ネタ

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.