今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

健康とダイエット

鼻や目のムズムズ対策に効果的な宮古ビデンスピローサカフェー酸の驚くべき”機能性”!!

投稿日:2017年4月6日 更新日:

鼻がムズムズするして勉強や仕事に集中できない…。

目や鼻がガビガビになって不快…。

冬~春にかけて起きるこんな悩みに対して、どうすればいいのだろうか?

病院に行ったり、内服薬を飲むほどではない。だけどツライ。

そんな時は宮古BP(ビデンスピローサ)が有効かもしれない。

宮古島で栽培されているビデンスピローサという植物に含まれている「カフェー酸」には、花や目の不快感を軽減する効果が認められている。

この効果は「機能性表示食品」を取得していて、「ビタミンCは風邪に効きます」とか「ビタミンB群は疲れに効きます」といった曖昧な話ではなく、実験で検証したうえでしっかりと確認された効果。

宮古BP(ビデンスピローサ)の機能性表示食品としての効果や、それを検証した実験の内容を紹介しよう。

スポンサーリンク

宮古BP(ビデンスピローサ)の機能性表示食品内容

機能性関与成分名

宮古ビデンス・ピローサ由来カフェー酸

表示しようとする機能性

本品には宮古ビデンス・ピローサ由来カフェー酸が含まれます。

宮古ビデンス・ピローサ由来カフェー酸には目や鼻の不快感を軽減する機能があることが報告されています。

宮古BPの機能については、このような内容になっている。

効果があるのは宮古ビデンスピローサから抽出された「カフェー酸」という成分。

この宮古ビデンスピローサ由来カフェー酸に「目や鼻の不快感を軽減する効果」があるのだ。

 

基本的に食品やサプリメントには、「○○に効果がある!」といった効果を表記することができない。

効くかどうかもわからない効能の表記で宣伝したりすると、消費者が騙されてしまうことがある。このような宣伝で不誠実な会社が不当な利益を上げないためにも、厳しく規制されているのだ。

正々堂々とそのサプリメントの効果を宣伝するには「機能性表示食品」の認可を受ける必要がある。

 

機能性表示食品は、ひとつひとつ国がその成分の効果を検証しているわけではない。だけど、機能性表示食品の認可を受けるには信頼のおける論文の提出が必要。

では、宮古ビデンスピローサが機能性表示食品を取得した際の実験内容とはどんなものだったのだろうか?

宮古BP(ビデンスピローサ)を検証した実験

季節性(冬~春)の目や鼻の不快感を有するが、境界域に該当する(病者ではない)と医師が判断した日本人成人81名(男性27名、女性54名)を対象とした試験では、カフェー酸を含む宮古ビデンス・ピローサエキス末を含む錠剤を摂取した群とプラセボ錠剤を摂取した群を比較すると、鼻の不快感及び眼の不快感では有効な差が確認された。

機能性表示食品の資料にはこのように記載されている。

有効成分が何も入っていないニセモノの錠剤と、宮古ビデンスピローサが配合された錠剤を、実験に参加した81名にランダムに飲んでもらう。

そうして比較したところ、宮古ビデンスピローサカフェー酸が配合された城砦を飲んでいたグループの方が目や鼻の不快感が軽減したという結果が!!

 

カフェー酸は植物に含まれるポリフェノールの一種で、がんや動脈硬化を予防する効果もあるといわれている。

ポリフェノールといえばワインが有名だけれども、ワインに使われるブドウ以外にもいろんな植物に含まれていて、抗酸化作用が強く、健康に良いことが知られている。

宮古ビデンスピローサに含まれているポリフェノール「カフェー酸」には”目や鼻の不快感を軽減する効果”があるようだ。

宮古ビデンスピローサカフェー酸の配合されたサプリメント

ビデンスピローサは熱帯・亜熱帯にかけて広く分布していて、健康に良いとされ、ハーブとしても使用されている。

抗炎症作用や糖尿病予防・高血圧予防に効果的といわれているけれども、「目や鼻の不快感を軽減する効果」が認められているのは、宮古島の農家協力の元に有機農法で清浄栽培した宮古ビデンスピローサだけ。

そんな宮古ビデンスピローサ由来のカフェー酸がたっぷりと配合されている、かなり珍しいサプリメントが「宮古BP」だ。

 

目や鼻の不快感って、以外に対策が難しい。

もしずっと悩んでいるのなら、試す価値はあるのではないだろうか。

宮古BPを飲み続ければ目や鼻がスッキリとして、ついでに健康になっちゃうかもしれない!!

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-健康とダイエット

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.