今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

漫画・アニメ・映画

みんながそれぞれ違っているんだ。一流の怖がらせ屋はその違いを武器にする!!

投稿日:

今さらながら「モンスターズインク」の続編「モンスターズユニバーシティ」を観た。

そこでもっとも感動したのがこのセリフ。

「みんながそれぞれ違っているんだ。一流の怖がらせ屋は、その違いを武器にする」

これは主人公のまったく怖くないモンスター、マイクの一言。

今回はこの名言の素晴らしさを紹介したい。

スポンサーリンク

他人との違いは自分だけの武器になる!

主人公のマイクは「怖がらせ屋」に憧れる”まったく怖くない”モンスター。

怖がらせ屋はこどもを怖がらせることで悲鳴エネルギーをゲットするみんなの憧れの職業だ。

怖がらせ屋を目指すマイクは、ダメダメなメンバーたちとチームを組んで、怖がらせ大会の優勝を目指すことになる。しかし、メンバーはまったく怖くない、ぷにぷにでキュートなモンスターたちばかり。

 

「ぼくたちに優勝なんて無理だよ…」

と気弱なメンバーに、プロの怖がらせ屋が活躍する「モンスターズインク」へ行ってみることを提案するマイク。

そこでメンバーは、物陰から怖いモンスターたちの活躍を盗み見る。

マイクは聞く「何か彼らに共通点があるかい?」

小さなモンスターから老人のようなモンスターまで、いろんなモンスターが活躍する現場に「特になさそう…」と答えるメンバー。

そこでマイクは答える。

 

「そうさ、みんな違っているんだ、一流の怖がらせ屋はその違いを武器にするんだ」

自分が一流になれる場所がある

他人と違っていることは劣っている事ではない。そして一流はその違いを武器にする。

自分の性格や体格、趣味や気質、他人と違った特徴は、見方を変えればすべて武器になるのだ。

 

まわりのみんなと比べて「自分ってダメだなぁ~」と思ってしまうことはないだろうか?

少なくとも、わたしはある。

”一流の怖がらせ屋は違いを武器にする”としたら、そのダメな部分を武器にしてこそ、素晴らしい人生を歩めるのではないだろうか?

 

マイクは一つ目で可愛いモンスターだけれども、持ち前の行動力やアイディアで、最後にはたくさんの悲鳴を得ることに成功する。

たとえ今まで何をやってもダメだったとしても…自分が一流になれる場所は、世界のどこかに必ずあるのではないだろうか?

 

これはFPSオンラインゲームかもしれないし、小説を書くことかもしれないし、営業職かもしれないし、手品師かもしれないし、新興宗教の教祖かもしれないし、縁日の金魚すくいかもしれないけど…。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-漫画・アニメ・映画
-

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.