今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

精神と心理

うつマウスに楽しかった過去を思い出させる実験成功!「楽しい思い出思い出し機」は実用化するのか!?

投稿日:2015年6月18日 更新日:

うつ状態にしたマウスに対して、楽しい思い出を作為的に思い出させ、うつ状態を改善するという、恐るべき実験が行われた。

この実験はうつを改善するきっかけとなるのか?

うつ状態のマウスとは?

マウスがかつて過ごしたという、幸せいっぱいの過去とはなんだのだろうか?

スポンサーリンク

マウスの記憶実験とは?

うつ状態にしたマウスの脳細胞を光で刺激して「楽しかった記憶」を人為的によみがえらせ、うつを改善する実験に、ノーベル医学生理学賞受賞者で、理化学研究所の利根川進博士らの研究チームが成功した。研究成果はうつ病のメカニズム解明や、将来の治療法開発につながると期待される。

参照元:6月18日ヤフーニュース

マウスを使った実験とはいえ、作為的に特定の記憶を呼び起こす実験に成功したという。

これが実用化されたら、うつ病治療に限らず、様々な応用が効きそうなテクノロジーだ。

マウスはどの様にうつ状態になったのか?

まず気になるのが「うつ状態」のマウス。

うつ状態にした…なんて簡単に言ってくれるが、どうやってマウスをうつ状態にするのか?

 

この実験では、マウスにストレスを10日間与えることでうつ状態にしたとの事。

どんなストレス?あまり考えたくない。

毎日いじめたり、悪口を言ったりするとしたら…可哀想すぎる。

 

実際の実験では「身体を固定して動けなくする」というストレスを与えたという。

10日間動けない…とんでもなく肩が凝りそうだ。

 

うつマウスは美味しい餌を探そうとする意欲や、苦痛から逃れようとする意欲がなくなったという。

人間だってうつになったら美味しいものを食べたり、楽しんだりする気力もなくなるし、逃げるという選択肢を考えられなくなる。

マウスも人間もうつの症状は一緒なのだ。

うつマウスの楽しい思い出とは?

うつ状態にする前に、マウスには楽しい思い出が与えられた。

マウスにとっての楽しい思い出とは何だろう?

美味しいご馳走?旅行?家族団らん?あるいは…ネズミの王国ディズニーランド??

 

なんと、その楽しい思い出とは、オスのマウスにメスのマウスと一緒に過ごさせるというものであった。

…なんだか切ない。

おそろしい実験の為にとは知らず、このマウスカップルはひと時の仲良しタイムを思いっきり楽しんだのだろう。

マウスだって楽しい思い出をもっている。異性との楽しいひととき…それも人間と一緒なんだ。

 

おそろしい実験の結果とは?

「楽しい思い出」は脳内に存在する海馬に記憶されている。

記憶がある場所、海馬の中の詳細な位置が判明しているのだ。

今回の実験では、その楽しい思い出がある部位を活性化させることで、作為的にその記憶を呼び起こすことに成功した。

メスのマウスとの楽しい記憶を思い出したマウスは、うつ状態が改善したという。

 

楽しい思い出はうつを改善させる力があるのだ!!

この実験が伝える3つのこと。

この実験は3つの重要な事実を伝えている。

①動物だってうつになる

②ストレスはうつの原因になる

③うつを改善するには楽しい過去を思い出すのが効果的

動物だってうつになる

ペットを大切に飼っている人はわかるだろう。動物も人間と同じように、こころを持っているという事に。

たまに動物虐待のニュースが流れるが、そんなことはもっての外だ。動物だってうつになるのだから。

あの小さな脳みそしか持たないマウスだって、異性との思い出を楽しいと感じ、ストレスで無気力になる。

すなわち、動物には優しくしなきゃいけない!

うつの原因はストレス

うつの原因はストレスって、そりゃ当たり前でんがな!と思わないでほしい。

実はうつにはいまだに、はっきりとした原因は特定されていない。環境やその人の遺伝的なもの、ストレス耐性なんかが複雑に関係しているといわれている。

だけど、この実験が示すのは、ストレスだけでも十分に誰だってうつになる可能性があるという事。

学校や職場、家庭ですっごいストレスにさらされたら、どんなに元気な人だってうつになってしまう。自分は大丈夫って思っても、実は全然大丈夫じゃないんだ。

すなわち、うつ病の人には優しくしなきゃいけない!

うつを改善するには楽しい過去を思い出すのが効果的

うつ病の症状に、物事の悪い部分ばっかり目が行ってしまったり、過去の嫌な思い出ばっかり思い出すというものがある。

もし自由に楽しかった記憶が思い出せるなら、そんな苦しい思いをする事も減るのではないだろうか。

この実験では、楽しい思い出にうつ病を改善する効果があることが示唆された。

でも自由に思い出せたら苦労はないわけで…。

現実的には、うつな気分の時に、例えば楽しかった旅行の写真を見たり、日記を読み返したりすることが有効なのかもしれない。

すなわち、いついかなる時も愛娘の写真を持っておこう。

そして家族と人類を守るために人知れず戦い死にゆくとき、その血の付いた写真をみて微笑む。きっと死ぬという最恐のストレスも少しは緩和されるだろう。

楽しい思い出思い出し機

任意の思い出を作為的に思い出すことが出来るなら、いろんな事が出来そうだ。

もしいつか「楽しい思い出思い出し機」なんて舌を噛みそうなドラえもん的道具が実用化されたとしよう。

わくわくしながらそのヘッドギア状の「楽しい思い出思い出し機」をかぶってスイッチオン!!

するとどうだ!今まで食べてきたラーメンの思い出が延々と思い出される…。

えっ!?ラーメン!確かに大好きだけど…。

自分の幸せはラーメンだったのか!?

なんて、そんなことが起こるかもしれないね。

 

あるいは憶えてもいないような10年前の、ある人の優しさに溢れたちょっとしたひと言が、自分の中でず~っと幸せの思い出として残っていた…なんてステキなこともあるかもしれない。

楽しい思い出思い出し機、いつか実用化されたらやってみたいね。

自分の海馬の「幸せな思い出フォルダ」にどんな思い出が保存されているのだろう?

きっと”何でもないようなことが幸せだったと思う”んだろう。

 

楽しい思い出思い出し機…いつかそんな機械が発明されることを願います。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-精神と心理

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.