今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

生活の豆知識

女性も男性もオススメ!残尿・頻尿・尿漏れを防ぐめっちゃ簡単な体操。

投稿日:2016年12月20日 更新日:

ためしてガッテン「快尿!おしっこトラブル 全部解決の5秒ワザ」では、残尿・頻尿・尿漏れなどのおしっこのトラブルを予防したり改善したりする効果のある、めっちゃ簡単な体操が紹介された。

「ガッテン史上、最も簡単なエクササイズ!」

「やってることが、誰にもわからない!」

「ただ、若干無口になる!」

出演者も大絶賛の、最も簡単なエクササイズを紹介したい。

スポンサーリンク

膀胱を健康に保つ簡単な体操

まずは、残尿や尿漏れ予防に効果のある、史上最強に簡単といわれるエクササイズの内容を紹介しよう。

膀胱の弾力を回復する簡単なエクササイズの手順

①5秒間思いっっっきりお尻を締める!!

②終わり

…これだけ。

目標は5秒間をワンセットとして1日20回

少しずつでも、毎日続けるのが効果的。

 

毎日やれば1か月くらいで少しずつ効果が現れはじめ、3か月続けると多くの人が改善を実感できるという。

お尻を締めたり緩めたりすることを繰り返すだけなら、座りながらでもできるし、立っていてもできる。

電車に乗りながらでも、レンジの前であったまるのを待っている時でも、ゲームをしながらでも、コンビニで会計を並んでる時でもできるというお手軽簡単エクササイズだ。

お尻を締めるだけで膀胱が健康になる理由

健康な膀胱は弾力性があり、たくさんのおしっこを貯めることが出来る。おしっこを排出する力も強い。

だけど不健康な膀胱は硬くて弾力性がない。そのために残尿感、頻尿などの症状が現れてくる。

なぜ膀胱が硬くなってしまうのか?

それは加齢や運動不足など生活習慣によって、膀胱の血流が悪くなってしまうから。

 

つまり血流が良くなれば、硬い膀胱を柔らかくすることが出来る。膀胱が柔らかくなれば、自然と残尿感や頻尿などは減っていくってわけだ。

そこで効果的なのが、お尻をギュッと締める運動。

 

お尻の筋肉を動かすと、骨盤の底にある筋肉、骨盤底筋も鍛えることが出来る。

骨盤底筋を動かして鍛えれば、膀胱の血流も改善。

その結果、少しずつ膀胱が柔らかくなってくる。徐々に柔らかくて健康な膀胱になってくれば、残尿感や頻尿、残尿感が減るだろう。

 

特に日頃から運動不足であったり、冷え性であったり、全身の血流が悪くなりがちの人は、膀胱の血流も悪くなっている可能性がある。そのため、排尿関係のトラブルが起きやすい。

もし思い当たることがあるようなら、今日からお尻締めがちな生活を送ろう!!

まとめ

残尿感があったり、おしっこした後に尿漏れがあったり、やたらとおしっこが近くて夜中に何度も目が覚めてしまったり…

それは膀胱が硬くなって柔軟性を無くしているからかもしれない。

膀胱の血流を増加させ、膀胱自体を柔らかくするには、お尻をギュッと締めるエクササイズが効果的。

1回5秒を、1日にたったの20回。

数カ月も続ければ、あなたのおしっこライフが劇的に好転するだろう。

 

お尻を5秒締める→3秒緩める→5秒締める…というタイミングで繰り返せば、カップラーメンが出来上がる3分間の間にだって20回出来る。

カップラーメンにお湯を注ぎ、ジッと見つめながら人知れずお尻を開け閉めするのも、中々有意義な時間の使い方なのではないだろうか。

きっと出来上がったカップラーメンも、いつもより美味しく感じるはずだ!!!

関連記事

男性必見!おしっこ後のミルキングで”ちょい漏れ”を防ぐ方法とは?

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-生活の豆知識

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.