今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

危機対策

PM2.5の健康被害から身を守る為のこどもや高齢者向け対策とは?

投稿日:2015年7月4日 更新日:

中国の工業地帯から飛んでくる極小の粒子「PM2.5」は、日本でも健康被害が問題になっていて、特にこどもや高齢者が影響を受けやすいといわれている。

どういった健康被害があるのか、そしてその効果的な対策についても紹介したい。

スポンサーリンク

PM2.5の健康被害と対策

PM2.5ってのはとにかくめっちゃくちゃに小さい粒子で出来ている。

何が悪いのかと言うと、この小さな粒子のおかげで肺の奥深くまで侵入してしまう事や、普通のマスクじゃ防げないことが挙げられる。

ではPM2.5の健康被害にはどういったものが考えられるのだろうか。

  • のどの痛みや違和感
  • 鼻水
  • 目のかゆみ

しかしこんな花粉症に毛の生えたような軽度の健康被害では、PM2.5がここまで大きな問題になる事もなかったであろう。

PM2.5にさらされると、重篤な病気になるリスクも格段に上がるのだ。

  • 肺がんのリスクが上がる
  • 心不全・心筋梗塞のリスクを上げる
  • 気管支炎の原因になる
  • ぜんそくが悪化する
  • じんましん・肌荒れの原因になる
  • 脳が萎縮したり、認知症や脳中風になるリスクが上がる

デンマークがん協会研究センターの研究結果によると、PM2.5が1立方メートルあたり5マイクログラム増加するごとに、肺がんのリスクが18%増えるという。

PM2.5の国が定めた大気1立方メートル当たりの環境基準値は35マイクログラム以下である。

因みに本日(7/4)福岡のPM2・5濃度が基準値を超えて注意喚起がなされたが、そのPM2.5濃度は46.1マイクログラムであった。

日本の基準値を11マイクログラムも超えている。これは肺がんのリスクもかなり上がっている可能性がある。

 

米ボストンの心臓血管流行病研究室によると、大気汚染が深刻な地域で生活している人の大脳は総質量が小さく、脳中風の発病率が高いことが明らかになったという。大気汚染が脳みそにまで影響するのだ。

 

PM2.5は気管支系に悪いだけじゃない。慢性的にさらされていると、心臓病の原因や、認知症などの原因にすらなるという事。

なんとも恐ろしいではないか。

ではどういった対策が有効なのだろうか?

PM2.5最高の対策は家から出ない事?

マスクを着用する。確かに大事だけど、全然不十分。

結局はPM2.5対策で最も有効なのは、家から出ない事だろう。自分の住んでいる地域のPM2.5濃度をチェックして、濃度が高くなると予測される日には外出を控える。

特に気管支が弱い人やぜんそく持ちの人、こどもや高齢者は不必要な外出を控える。

もちろん、PM2.5にも効果的なマスクは市販されているが、やっぱり完璧に防ぎきれるもんじゃない。もちろん、外出する際にマスクをしていなかったら肺の奥までPM2.5を深呼吸してしまうだろうが…。

だからこそ、せめてPM2.5に対して注意喚起がされている場合は外出は控える。外で遊ばない。目的地につくまでは致し方ないものの、基本的には屋内で過ごす。そういったことが大事なのだろう。

環境省の大気汚染監視システム「そらまめくん」で自分の地域のPM2.5濃度を確認出来るので、対策の参考にしてほしい。

 

締め切った部屋の中で、PM2.5対応の空気清浄機を使いながら、テレビを観たりゲームをしたりネットをしたりカントリーマァムを食べたりして過ごす。

これが最高のPM2.5対策なのではないだろうか。

少なくともインドア派の自分にとっては、最高の休日なんだけどな…。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-危機対策

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.