ニュースやオカルト、雑学に健康などなど、暇つぶしになるような面白いネタを紹介するブログです!!

そよかぜ速報

江頭2:50

江頭VS布袋!!横浜アリーナの楽屋で出会っていた二人!そこで起きた事件とは?

投稿日:2014年11月7日 更新日:

江頭2:50のテーマソングと言えば布袋寅泰の「スリル」!!

あれが流れてきただけで笑っちゃうよね。しかし気になるのは、スリルを毎回使われている布袋さん。スリルを公式に使用を許可しているわけじゃあない。

2人はどんな関係なのか?ピリピリした緊張感がある??

実は江頭2:50は布袋寅泰さんのコンサートに招待されたことがあるのだ。その経緯と、そこで起きた事件について調べてみた。

スポンサーリンク

江頭は何故布袋さんのライブに招待されたのか?

江頭曰くめちゃイケの『イケてるCDTV』のコーナーで布袋のシングル・『CIRCUS』のPVのパロディーを披露したところ、後に布袋に自身の横浜アリーナでのコンサートに招待された、との事。

 

江頭に用意されたのは、横浜アリーナのボックスシート!そこにはフルーツの盛り合わせやシャンパンが用意されていた。

スリルについては複雑な思いもあろう布袋寅泰、なんという太っ腹!

「布袋さんが是非会いたがっています」

布袋氏のマネージャーに呼ばれ、喜び勇んで楽屋へ行くエガちゃん。

 

布袋氏がツカツカとエガちゃんの前まで歩いてきて

「お前のせいで、おれのイメージガタガタだぁ!!」

と、首を絞められた!

そう江頭は語る。

「江頭2:50のピーピーぴーするぞ!」より

193cmの布袋氏と戦い生きて帰ってきた、これだけでも江頭は凄い!

 

布袋寅泰は江頭2:50のことをどう思っているのか?

布袋氏が江頭2:50について言及する機会は極めて少ない。

そんな中、貴重なコメントをふたつ紹介したい。

 

曲の使用について

布袋「スリルはエガちゃんのおかげで売れたもんね」

 

江頭がいわきにボランティアで物資を届けたことについてのTwitterでコメント

布袋「スリルについてははっきり言って迷惑に思っていますが、彼のこの行動は尊敬します」

 

迷惑なのか感謝なのか?その複雑な心境が読み取れる。

布袋寅泰といえば日本屈指のギタリストで作曲家。最近ではももいろクローバーZの「サラバ、愛しき悲しみたちよ」(名曲!)を作曲し幅広い活動を続けている。

そんな彼の心境としては、最初はふざけんなよ~と思っていたけれど、いまは「まあ、いいかな」くらいには思っているのではないだろうか。

わざわざ横浜アリーナに江頭2:50を招待しているしね。

 

江頭=スリル それは条件反射

それにしても「スリル」めっちゃいい曲なのに、すっかり江頭2:50のものとなってしまっている。

ある意味、著作権泥棒、いやイメージ泥棒?

あの曲を聴くとあのころを思い出す、なんて曲が私にもある。音楽には思い出を想起させる力があるのだ。

「スリルを聴くと江頭を思い出す」

そんな条件反射は、もはや日本国民のほとんどがもっているのだろう。

 

例えば夜の書店に「君が代」が流れたら?

人は「ああ、もう閉店なのかな」と思う。

例えば夜の書店に爆音で「スリル」が流れたら?

「どこから江頭2:50が出てくるんだ!!!!」

普通の人ならそう思うだろう?条件反射なんだよ。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-江頭2:50

Copyright© そよかぜ速報 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.