ニュースやオカルト、雑学に健康などなど、暇つぶしになるような面白いネタを紹介するブログです!!

そよかぜ速報

サブカル 芸能

ドラマ「瀬在丸紅子の事件簿」と「すべてがFになる」は無関係と考察する3つの理由。

投稿日:2015年2月7日 更新日:

2015年2月6日フジテレビ系列で「瀬在丸紅子の事件簿」という2時間ドラマが放映された。これは森博嗣の小説「黒猫の三角」をドラマ化したものである。

去年フジテレビ系列で同じく森博嗣原作の「すべてがFになる」という小説がドラマ化されたわけだが、このふたつの作品は同じ世界観を共有していて時系列的に繋がっている。純粋な続編なのだ。

原作を知る人なら「お〜続きやるんだ~」と思ったろう。

しかしドラマ「瀬在丸紅子の事件簿」を観終わった後、製作側はこのシリーズは繋げる気無いんだと思った。(ここが面白いとこなのに!)

2つのシリーズにどういった繋がりがあるのか?そしてドラマではその繋がりが無くなったという思いに至った3つの理由を紹介したい。

スポンサーリンク

すべてがFになるシリーズと瀬在丸紅子の事件簿シリーズの関係について。

「すべてがFになる」は大学教授で天才の犀川創平と、その教え子である超金持ちの天才西之園萌絵が、さまざまな事件を解決するという作品だ。S&Mシリーズと呼ばれていて、全10作品となっている。

その次に執筆されたのが「黒猫の三角」。没落した元金持ちで天才の瀬在丸紅子を中心に、個性的な仲間たちがさまざまな事件を解決するという作品だ。Vシリーズと呼ばれていて、全10作品となっている。

 

ではS&MシリーズとVシリーズにはどういった関係性があるのか?

執筆の順番でいうとS&Mシリーズの後に、Vシリーズが書かれている。しかし小説の中ではS&Mシリーズの過去の話がVシリーズになるのだ。しかも20年以上前の昔の話。

時系列的に繋がっているので、両方のシリーズに登場する人物も存在する。

その関係性がVシリーズの最後の最後で明かされるのが、それがVシリーズの醍醐味というか、とっても面白い部分だと思う。

だからこそ、ドラマ「すべてがFになる」を作成した後にVシリーズを作成したのかと思った。

しかし、この「瀬在丸紅子の事件簿」を観た後、これは「すべてはFになる」とは独立した作品として作っているじゃね~か!という感想を抱いた。そもそもプロモーションの段階で「すべてがFになる」との繋がりなんて全く示唆されてないし。

では、なんでそう思ったのか?

ドラマ「瀬在丸紅子の事件簿」とドラマ「すべてがFになる」が全く無関係な理由

「瀬在丸紅子の事件簿」は、先ほども書いたように「すべてがFになる」の20年以上前の世界での話だ。

ドラマ「すべてがFになる」が現代という時代設定だった場合、「瀬在丸紅子の事件簿」は1995年くらいの話になる。

しかし「瀬在丸紅子の事件簿」はどうやら2014年設定のドラマの様なのだ

 

その根拠を3つあげたい。

①履歴書の記載

ドラマのワンシーンで登場人物の一人で何でも屋の保呂草潤平が事務の受付をしている時、来客者の履歴書を受け取るシーンがある。

履歴書が一瞬映るのだが、そこには「昭和55年生まれ」の「33歳」という記載があったのだ。

②携帯がでてくる

携帯が一般に普及し始めたのは、ちょうど20年前くらい。その当時はもっと武骨でデカいものだった。

しかしドラマで香具山紫子が使っていた携帯は、現代的でスタイリッシュなものであった。こんな携帯は20年前には存在しない。

③コンサートのチケット

保呂草潤平が瀬在丸紅子をデートに誘うシーンがある。そこでコンサートチケットに思いっきり2014年8月8日という表記があった。つまり2014年8月8日より過去の話ではあるものの、少なくとも20年前の話ではない。

ただぼ~っと観ていた自分がこれだけ見つけたんだから、その他も探せば20年も昔の話であるという原作を否定する要素は色々とあるだろう。

 

瀬在丸紅子の事件簿は今回の「黒猫の三角」以降も、シリーズとしてドラマ化していくようだ。

せっかく「すべてがFになる」をドラマ化したのに、その繋がりを使わないなんて純粋にもったいない!!と思うのは私だけだろうか。

 

 


第1回メフィスト賞を受賞した森博嗣のデビュー作「すべてがFになる」。一説にはこの傑作を受賞させるためにメフィスト賞を作ったという!!

Vシリーズは高潔な性格の瀬在丸紅子さんがクール!やシリーズ全てに登場する主要キャラの保呂草潤平や、紅子さんの息子「へっくん」にも大きな秘密があるのだ!おもろいよ。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-サブカル, 芸能

Copyright© そよかぜ速報 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.