今話題の面白くて涼しげな”風説”を速報でお届けするブログです。

そよかぜ速報

健康とダイエット

あなたの胃にもピロリ菌がいる?胃がんを誘発するピロリ菌についてと、体験者が語る除菌の方法。

投稿日:

ピロリ菌とは胃の中に住んでいる細菌の一種だ。正式名称はヘリコバクター・ピロリ。

このピロリ菌は胃の中で様々な悪さをする。胸焼けがしたり、胃痛や胃もたれ、そして胃がんの原因にもなる。

自身の体験から、ピロリ菌が自分の胃にいるのか調べる方法と、除菌の方法を紹介しよう。

スポンサーリンク

胃がんのリスクが大幅UP!ピロリ菌とは?

ピロリ菌はいろいろな病気の原因になりますが、なかでも以前から注目されていたのが胃がんとの関連でした。近年、胃がん発症のリスクになるという証拠が十分に集まり、世界保健機関(WHO)は2014年、全世界の胃がんの80%はピロリ菌感染が主たる原因であると発表しました。

参照元:胃がんのリスク9割減も ピロリ菌除菌の効果

強酸性である胃の中に細菌なんているわけない、かつてはそう思われていた。そんな胃の中で発見されたのがピロリ菌だ。ちなみにピロリ菌を発見した博士は、その功績からノーベル生理学・医学賞を受賞している。

 

そんなタフな細菌であるピロリ菌であるが、胃の中で大いに悪さをする。ピロリ菌がいると慢性胃炎の原因になるのだ。そして慢性胃炎は放っておくと、だんだんとポケモンのように進化する。

慢性胃炎→萎縮性胃炎→腸上皮化生→胃がん

こんな風に、だんだんと症状が悪化していき、胃がんにメガシンカするリクスも上がるのだ。

WHOの発表によると胃がんの80%が、このピロリ菌によるもの。胃がんリスクを下げるためにも、たとえ今健康だったとしても、ピロリ菌の除菌は行った方が良いだろう。

 ピロリ菌除菌体験記

ではピロリ菌発見から除菌に至るまでの体験談を紹介しよう。

ピロリ菌発見の方法

当時勤めていた会社の健康診断で、小奇麗な健康診断センターに行った時の事。検査を受ける前に渡された書類に、追加でいろいろと調べることが出来るオプションがあった。今までそんなものはやったことなかったので、ためしにやってみる事にした。癌マーカーやピロリ菌検査。そうしたら、バッチリ自分の胃にピロリ菌が発見されたわけだ。

ピロリ菌がいるかどうかわかる検査は、採血か専用のパック(空のヴィダーインゼリーの容器みたいなもの)に息をぷう~っと入れる事で行うことが出来る。

健康診断を定期的に受けているなら、オプションで検査できるかもしれないし、近くの消化器系内科を受診すれば自分の息だけですぐに検査してくれるだろう。

ピロリ菌除菌の保険適用について

ピロリ菌の除菌治療は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの症状が出ている場合のみ保険が適用されていた。しかし2013年2月より慢性胃炎の治療としても、保険適用でピロリ菌除菌を行うことが出来るようになったという。

私がピロリ菌の除菌を行ったのは2013年より前の話。当時は胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの症状は出ていなかった。胃カメラを飲んで胃の状況を調べたところ、胃には軽い炎症が見られた。「綺麗な胃の状態なら保険適用は無理だけど、これなら胃潰瘍ってことで保険適用できるよ」と先生が言ってくださり、保険適用で治療を受けることが出来たのだ。

「ピロリ菌は飼っていても何のメリットもない。即刻除菌すべき!」

先生はそう力説していた。

もし胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性胃炎の症状がまったくなく、ピロリ菌の除菌が保険適用外になるんじゃないか?なんて不安に思っているとしたら、一度消化器系内科を受診して相談してみるのが良いだろう。

ピロリ菌の除菌方法

ピロリ菌の除菌は数種類の抗生物質を飲み続けることで行う。自分の場合は、一週間、朝晩と毎日2回飲み続けた。

抗生物質は必ず決まった回数を欠かさずに飲み続けなければならない。なぜなら、中途半端に抗生物質を飲むと「多剤耐性菌」が生まれるからだ。抗生物質に耐性が出来たピロリ菌が突然変異的に生まれたら、ますます除菌が難しくなってしまうだろう。

そんなわけで、いつもは食べない朝食もちゃんと食べて服用していた。

このピロリ菌除菌、成功率が7~8割という。私はというと、一週間の抗生物質服用後に検査した結果、失敗であった。あんなに欠かさずに飲んでたのに…。

2度目の除菌。除菌方法はまったく同じで、抗生物質の種類だけ変えて再度一週間飲み続けなければならない。

2度目の除菌の結果、無事ピロリ菌除は完了した。1度目の除菌で失敗する人は多いけど、ほとんどの場合は2度目の除菌で成功するという。

ピロリ菌除菌まとめ

ピロリ菌がいた頃は、ある日突然めちゃくちゃ胃が痛くなる事があった。「うう…コーヒーの飲み過ぎだ…」そう思っていたが、今思い返すとあの原因不明の胃痛の原因はピロリ菌の所為だったのかもしれない。除菌した今では、そんな胃痛に悩まされることはなくなったからだ。

胃痛・胸焼け・消化不良、そんな症状は、実はピロリ菌が原因の可能性もある。

胃がんのリスクを下げるためにも、もし慢性的に胃の調子が悪いのなら、一度ピロリ菌の検査を受けてみることをオススメしたい。

 

ピロリ菌は飼っていても何のメリットもない。即刻除菌すべきです!

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-健康とダイエット

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.