ニュースやオカルト、雑学に健康などなど、暇つぶしになるような面白いネタを紹介するブログです!!

そよかぜ速報

オカルト

2016年5月15~17日に惑星Xが地球に衝突!?サラザール牧師の予言との奇妙な一致。

投稿日:

とても残念だが、そろそろ太陽系第9に惑星といわれている「惑星X」が地球に衝突して、世界は破滅するようだ。

その根拠となる報道と、この衝突を予言していた偉大な予言者サラザール牧師の予言内容を紹介しよう。

スポンサーリンク

もうすぐ惑星Xが地球に衝突だってさ!

カリフォルニア工科大学の研究でその存在が濃厚となってきた「惑星X」。この第9惑星は2万年周期で太陽を公転しているが、早ければ4月末までに地球と衝突もしくはニアミスすると信じる終末論者がいる。

ルイジアナ大学の宇宙物理学者ダニエル・ウィットマイア氏は、この第9惑星が最接近した際、地球上に小惑星や彗星が降り注ぐと提唱していた。

英紙ザ・サンは「謎の惑星が今月にも大量絶滅を引き起こす」と速報。米紙ニューヨーク・ポストも「いつ地球が滅亡してもおかしくない」と報じた。

参照元:太陽系第9惑星「惑星X」が地球に衝突か! 早ければ今月末にも地球滅亡へ\(^o^)/(ユルクヤル)

今年に入ってから発表された最新の研究によると、太陽系にはまだ発見されていない第9の惑星があるかもしれないという。

まだ天体望遠鏡などで観測されているわけではないが、地球や太陽系の公転軌道を計算すると、第9の惑星が存在しなければ説明がつかない動きらしいのだ。

この第9の惑星である「惑星X」は1万年~2万年という長い期間をかけて太陽を一周する気の長い惑星。質量は地球の10倍ともいわれている。

 

とんでもなく唐突ではあるが、もうそろそろ惑星Xが地球に接近して、その影響で地球に隕石が降り注ぐという。

一説にはあの恐竜の絶滅した隕石衝突も、この惑星Xの影響ではないかといわれているのだ!!

 

常識的に考えれば、惑星Xがあとひと月程度で地球にニアミスするほど接近しているなら、もちろん目視で観測できるだろうし、観測されたという発表もあるはずなのだが…。

サラザール牧師の予言との奇妙な一致

南米のペルーに”ノストラダムスの再来”を自称するうさんくさい予言者がいる。

リカルド・サラザール牧師だ。

彼がとても物騒な予言をしている。

 

「2016年5月15日から17日のいずれかの、現地時間午前2時20分、プエルトリコ沖合に約9キロメートルの大きさの小惑星が衝突する。これにより世界中に地震と津波が起こり、まず初めに12億人が死亡する」

 

約9キロメートルの小惑星が衝突だって!!

了解ッ、地球は滅亡する!!!

 

…先ほど惑星Xが地球をニアミスか衝突するかもしれないという記事を紹介したが、ひょっとしたらサラザール牧師の予言はこのことをいっているのではないだろうか!?

記事では早ければ4月末に衝突とある。ということは、遅ければ5月からそれ以降ということになる。

サラザール牧師の予言は5月15日~17日に隕石衝突。

 

これは偶然の一致としては出来すぎてはいないだろうか?

 

サラザール牧師の予言によると、衝突する隕石は大きさが9キロメートル。地球の10倍の質量をもつといわれる惑星Xにしては小さすぎる。きっと惑星Xが地球に最接近する影響で降り注ぐ小惑星のひとつなのだろう。

 

ちなみにこのサラザール牧師は「2016年2月に中国が日本に攻めてくる」といった予言もしているが、まったく当たっていない。

2015年も「8月22日には降り注ぐ隕石が世界の森林の3分の1を焼き払うだろう」という予言をしていたが、まったく当たっていない。

サラザール牧師の前世?であるノストラダムスの予言も、まったく当たっていない。

 

…しかしだからといって、5月隕石衝突の予言が外れるとは限らないだろう。

当たるかどうかはわからないが、5月の15日~17日にかけてはプエルトリコ沖合に遊びに行くのは止めておこう!!

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-オカルト

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.