今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

食べ物

好きなものは最初に食べる?最後に残す?それぞれの性格的傾向やメリットとデメリットについて。

投稿日:2015年11月13日 更新日:

あなたは食事の際、好きなおかずを最初に食べてタイプだろうか?それとも楽しみを最後まで取っておくタイプだろうか?

ホンマでっかTVでこの永遠のテーマについて解説されていた。

それぞれのメリットとデメリット、心理的な傾向など、その内容を紹介しよう。

スポンサーリンク

美味しいものを最初に食べる?最後に残す?

美味しいものを最初に食べるのか、それとも最後に残すのか、これは人類にとって永遠のテーマのひとつと言っていいだろう。

それぞれに言い分があり、メリットやデメリットがある。

 

まずは最初に食べるタイプの意見を紹介しよう。

「最後に残してお腹いっぱいの時に好きなものを食べるより、一番お腹がすいているときに食べたい!」

「料理はあったかいうちが一番おいしいので、冷める前に大好きなものを食べたい!」

 

次に最後に残すタイプの意見

「美味しいものを最初に食べると、その後の食事がつまらなくなる!」

「一番最後に好きなもので終わらせたい!」

 

どちらの意見ももっともだ。

出来ることなら好きなものから食べたいし、好きなもので終わらせたい!

 

ここで、ホンマでっかTVに出演している専門家の意見を聞こう。

専門家のご意見は?

脳科学的には最後に食べた方が良い!

最後に好きなものを食べるために、おかずをすべて食べるので栄養バランスが整う。また、好きなものを最後まで我慢する力をつけないと、ギャンブル脳になってしまう。

経済学的には最後に食べた方が良い!

最後に食べる方が借金を背負う確率が少ない。最初に食べるとギャンブルにハマりやすく、借金を背負いやすい。目先の誘惑に勝てない性格になってしまう。

生物学的には最初に食べた方が良い!

動物は基本好きなものから食べる。食べ始めの方が味覚が鋭敏なので、最初に美味しいものを食べる方が合理的。美味しいものを食べる前に死んだら損だしね。

心理学的には最初に食べた方が良い!

初頭効果というものがあり、最初の印象が全体の印象に強い影響力を与える。最初に美味しいものを食べれば、食事全体として美味しかったと思いやすい。

 

と、意見は分かれた。

まとめると、性格的傾向を判断する場合には最後に食べるタイプの方が優秀であり、食事を満足度の観点から見ると最初に食べる方が良いみたいだ。

 

食事でその人の性格を判断する方法

性格というのはある一部分を観察することで、大まかな全体を把握することできる。例えば、すっごいのんびり屋さんだけれど、歩くスピードだけは速い、という人はあんまりいない。

つまり、食事のスピードを観察するだけでも「ゆっくり丁寧に食べる」=のんびり・おっとりした性格、「とにかく早くガツガツ食べる」=せっかち、大雑把な性格と判断できる。

そういった意味では「大好きなものを最初に食べる人=誘惑に弱い」「好きなものは最後まで取っておく人=我慢強く計画的」という図式も当てはまるだろう。

好きなものを最初に食べるタイプが誘惑に弱いってのもわかるけど、最もヤバいのは「好きなものを最初に食べて、嫌いなものを残す」というタイプだろう。そういった人達は誘惑を我慢することが出来ないばかりか、嫌なことからすぐに逃げ出してしまいがちになるかもしれない。

箸の持ち方からテーブルマナー、食べるスピードやおかずを食べる順番まで、食事というのはよく観察することで、その人の人格を赤裸々に暴いてしまうのだ!!

お年玉は貯金しておくタイプだったけど…

私は「好きなものは最初に食べる派」だ。

しかし借金をしたことはないし、ギャンブルにハマったことはない。小学校の頃なんて、お年玉をちゃんと貯金しておくようなお子さんだった。

昔から、けっこう保守的な性格だったのだ。

では、なぜ好きなものは最初に食べるのか?

実はこどもの頃は好きなものは最後まで取っておくタイプだった。しかし「最後まで取っておいた大好きなものが、お腹いっぱいで食べれない…」そんな失敗と挫折を繰り返すうちに、やっぱり大好きなものはお腹が空いているうちに食べた方が食事全体の満足度は上がる!という事実に気づいたのだ。

それからというもの、大好きなものは初めの方に食べている。これが自分にとって挫折の先にある”成長”であったと、いまでも思っている。

 

これらを踏まえた上で、もっとも満足度の高くなる食事の順番を考えるなら、まず「最初に大好きなおかずを食べる」+「最後に大好きなデザートを食べる」という方法に帰結するだろう。反則的であり、悪魔的な選択だ。

デザート!

まさに、甘いものは別腹なのだ。

もっとも誘惑に弱いタイプは「甘いものは別腹だよね~」なんて、チョコレートケーキを追加注文しちゃうタイプなのかもしれない…。

食後に満腹でも甘いデザートが食べられる理由に隠された恐るべき人体のシステムとは?

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-食べ物

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.