今話題の面白くて涼しげな”風説”を速報でお届けするブログです。

そよかぜ速報

睡眠

食べないと寝れない!夜中起きて食べちゃう!そんな人が質の良い睡眠を取る方法

投稿日:

質の良い睡眠を得るには、眠る3時間くらい前には食事を済ませておくと良いとされている。

眠っているときに内臓がせっせと消化活動をしていると、睡眠が浅くなってしまうからだ。

だけど「満腹でないと寝れない!」とか「夜中にお腹が空いて起きて食べちゃう!」という人もいる。

その理由と解決方法を紹介しよう。

スポンサーリンク

満腹感と睡眠の関係

なぜ満腹になるとよく眠れるのか?

それにはいろんな理由が考えられる。

①消化を頑張っている説

何かを食べると、胃が食べ物を消化しようと頑張る。そうすると、胃に血液が集まる。

その結果脳が血液不足、酸素不足に陥り、眠くなってしまう。

②血糖値が下がる説

食べ物を食べると血糖値が上昇する。そうすると、上がりすぎた血糖値を下げるためにインシュリンが分泌される。一度にたくさんのインシュリンが分泌されると、血中の糖分が不足してしまう。その結果、脳のエネルギーとなる糖分が少なくなり、脳が眠気を感じる。

食べる→血糖値上昇→インシュリン分泌→血液の糖分が不足→眠くなる

もっとも急激に血糖値を上げるのは糖質だ。たんぱく質や脂質ではなく、ご飯のような炭水化物、或いはお菓子のような甘いものに糖質はたくさん含まれている。

③精神的にホッとする説

とにかく何かを食べるとホッとして気分が落ち着く。お腹ペコペコじゃあ不快だし、落ち着かないから食べちゃうという人も多いだろう。

先ほど「食べて血糖値が上がるとインシュリンが分泌される」と説明したが、このインシュリンには脳内のセロトニンを増やす効果があるという。

セロトニンは感情を落ち着ける作用がある神経伝達物質だ。糖質たっぷりの甘いものを食べると脳内にセロトニンが分泌され、ホッとしてイライラが解消され、よく眠れるというわけ。

普段からストレスを感じやすい人は、無意識の内にそれを解消するため、甘いものの量が増えちゃうかもしれない。

眠る前に食べちゃう人は質の良い睡眠をとる方法

眠る前に食べたり、夜中に食べると健康に悪い。

その根拠は大きくふたつある。

①単純に太るから

②消化活動が活発化して眠りが浅くなるから

ということは、太らないで消化活動の邪魔をしないものを食べればいい。

眠れない夜に空腹感を感じながらじっと布団で我慢しているよりも、食べてサクッと眠ったほうが遥かにマシではないだろうか。

 

そこでオススメなのが「消化吸収の良い糖分」だ。

タンパク質や資質の多い肉類、食物繊維が多く胃腸に負担をかける野菜を避けて、消化によい炭水化物や糖分を摂取する。

夜中起きてジューシーなビフテキを食べることは絶対にしてはいけない!

具体的には「少量のおかゆ」「ホットミルクや豆乳」「ココア」「はちみつをかけたヨーグルト」「果物全般」などの、糖分が多く含まれていて消化に良いものを食べたり飲んだりするのがオススメ。

脂質やタンパク質を含まない「お菓子」だっていいだろう。お菓子=健康に悪い、なんて思われてがちだけど。

 

でも、もちろんすべて少量だ。少し食べるだけでも、ホッとしてよく眠れるだろう。

まとめ

もちろん、セオリー通りに「睡眠の3時間前には食事を済ませましょう」が出来るなら、それに越したことはない。

だけど、どうしても眠る前に食べてしまったり、夜中起きて食べてしまうなら、「消化吸収の良い糖分」を食べてリラックスして寝たほうがマシだ。 不眠で苦しむよりも遥かに健康に良い。

「食べてもいいんだ」と思うことで、逆にリラックスして食べなくてもよくなるかもしれないしね!

やすらぐ豆乳飲料

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-睡眠

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.