ニュースやオカルト、雑学に健康などなど、暇つぶしになるような面白いネタを紹介するブログです!!

そよかぜ速報

オカルト

魂の重量が21gだと!死の瞬間の重量計測で判明した魂の実験を紹介。

投稿日:2015年6月2日 更新日:

魂の重量は21gであるという。

ダンカン・マクドゥーガルという医師が、死の瞬間の人間の体重を計測し、死の瞬間に少しだけ軽くなることを発見した。

軽くなった重量「21g」が人間の魂の重さというわけだ。

今回はこの実験と、魂について検証したい。

スポンサーリンク

魂の計測実験

そもそも、魂とはなんなのだろうか?

生きものの体の中に宿って、心の働きをつかさどると考えられるもの。古来、肉体を離れても存在し、不滅のものと信じられてきた。霊魂。

デジタル大辞泉より抜粋

辞典にはこうあるが、いまだ科学的にその存在が実証されたわけではない

1907年、謎に満ちた魂の真実に迫る狂気の実験が行われた。

魂の計測実験

アメリカはマサチューセッツ州の医師、ダンカン・マクドゥーガルは人間の死の瞬間を計測し、人体から抜け出る魂の重量を計測をするという狂気の実験を行った。

被検体は彼の6人の患者と15匹の犬。

実験に自分の患者を使うとは!

危篤状態の患者に「すいません、あなたが死ぬ瞬間なんですが、ちょっと体重を量らせてもらっていいですか?」とでも許可を取るのだろうか。もし自分が末期がんで意識朦朧としているのに、のんきにそんな質問をされたら最後の力を振り絞ってその医師の鼻先に唾を吐きかけてやるだろう。

担当の医師には、できれば死の間際まで嘘でもいいから忙しそうにしていてほしいものだ。

そしてなにより15匹の犬!!かわいそうすぎる。

 

ともあれ、マクドゥーガル医師はそのような実験を行ったわけだが、結果は驚くべきものだった。

人間は死の一瞬で明らかに軽くなったのだ。そして犬ではその現象は認められなかったという。

この死の瞬間に軽くなった重量が21g、そしてそれが肉体から抜け出た魂の重量らしい。

 

…じゃあ犬には魂ないの?

もし人間に魂ってやつがあるのだとしたら、あの聡明でかわいらしいコーギーやパグに魂がないわけない。

動物としての人間と犬にどれだけの差があるっていうのか?

 

ともあれ、この実験によって嘘かホントか魂の重量は21g説が誕生したわけだ。

魂は存在するのか?

魂の重量が21gだとすると、魂には質量があり、重力の影響を受けるという事になる。魂はふんわりとした透明状の球体で、霊的な存在だと思っていたのだが、もし重さがあるのなら実に具体的に存在していることになる。

といってもこのマクドゥーガル医師の実験、その内容はかなりいい加減なものであったらしい。

21g軽くなったのは、最初の一人だけ。しかも実験は1907年に行われ、測定器具も稚拙。その信ぴょう性も疑問だ。

それに人は発汗や呼吸によって少しくらい軽くなったりするわけで…。

また「死の瞬間」の定義もあやふや。呼吸が止まった時なのか、心臓が止まった時なのか、そしてそれを瞬間に判断できるのか?

なにより、動物好きの私としては、人間の魂が21gという事実より、犬に魂がないという結果の方が納得いかん!

 

という事で、このマクドゥーガル医師の実験は、かなり信憑性の薄いものとして認識されている。

魂の重さは人生の重さ

それにしても、もし魂に重量があるならば、きっと有意義で充実した人生を送ってきた人ならば魂も重くなるはず。

自分が死んだときに魂を測定した結果「…彼の魂は1.2gですね。平均をかなり下回っています。大した人生を送ってこなかったようですね」なんて言われたくない。

出来る事なら、重厚感あふれる魂になるような人生を歩みたいものですね。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-オカルト

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.