今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

精神と心理 自己啓発

手洗いに後悔や挫折感を消しポジティブシンキングになる効果が!綺麗にするだけじゃない恐るべき心理効果について。

投稿日:

「人生は後悔の連続よ…」

と、そんな名言を言ったのは、ちびまるこちゃんのお姉ちゃんであるさくらさきこだ。

小学生にして達観している姉さきこではあるが、確かに人生は後悔の連続であるような気がする。

そんな後悔を払しょくする為に、とても有効な方法がある。

それは手を洗う事

手を洗うだけで??

そう、手を洗うだけで。今回は手を洗う事の精神的作用を調べた実験を紹介したい。

スポンサーリンク

手を洗って前向きに生きよう!

家に帰ったら手洗いうがい。風邪予防の為の大事な習慣だ。

それ以外にも、トイレに行った後や、食事の前、掃除をした後などなど、日常の中で手を洗う機会は多い。

そんな「手を洗う」という行為は、手の汚れを落とすという効果以外にも、気分を前向きにさせたり、リセットさせるような働きがあるかもしれない。

2010年アメリカでの研究

 難しい選択を行った後に手を洗えば頭の中に残る迷いを振り払えるという最新の研究が発表された。 研究の共著者で、アメリカのミシガン大学の博士課程で心理学を専攻する大学院生スパイク・W・S・リー氏は、手を洗うという単純な動作には衛生面だけでなく、決断後に頭に残る葛藤を“ぬぐい去る”効果もあるようだと話す。

出展:手を洗えば後悔も洗い流せる?(ナショナルジオグラフィック)

この研究によると、手を洗うだけで後悔の念を拭い去ることが出来るという。手を洗うとたしかに両手がすっきりするけれど、気分まで爽やかにする効果があるってわけだ。

例えばファミリーレストランで、和風おろしハンバーグにするか、チーズインハンバーグにするか悩みに悩んだ末、カツカレーを頼んだとしよう。何故か知らないが、店員さんにカツカレーを頼んだ瞬間に(やっぱり、牡蠣フライ定食がよかった!)なんて思ってしまうことがある。だけど、店員さんに声をかけ「やっぱり牡蠣フライ定食で」と訂正する勇気がない。声をかける時間があるにもかかわらず(注文訂正させるのも悪いよな…)と思ってしまうのだ。

ああ、牡蠣フライ定食にすればよかった…

確かに大きな後悔ではない。もちろん、カツカレーだって大好きだ。

だけど、なんだか心の中がもやもやする。

おれの人生はこれでよかったのか…?

 

そんな時は、スッと席を立ち、トイレに直行。用を足す必要はない。大きな洗面台の前に立ち、一心不乱に自分の手を洗おう。

「ああ、きっとこれでよかったんだ!!」

そうすれば、そんな些細な後悔の念は吹き飛んで、心からそう思えるだろう。カツカレーも、一層美味しく食べられるはずだ。

2013年ドイツでの研究

ドイツの専門家が明らかにした。 オスナブリュック大学のカイ・カスパー氏の研究によれば、手を洗うと、与えられた課題に失敗した後の挫折感を軽減できるが、「次はもっと頑張ろう」という“やる気”も減ってしまうという。

出展:手洗いで挫折感が縮小、やる気も低下(ナショナルジオグラフィック)

次はドイツの研究。手を洗うと、失敗後の挫折感を拭い去ることが出来るが、同時にやる気もなくなってしまうという驚異の結果に。

 

任されていたプロジェクトに失敗し「くそ~っ!!だめだったぁ~!」と激しい挫折感にうち震える。そして「次こそは…次こそはやってやるぞ!!」と激しく燃え上がる。やる気は十分だ。

しかし「トイレ行ってこよ~」とトイレに行き、手を洗ってしまったとしよう。すると、激しい挫折感が消える共に、やる気まで洗い流されてしまう。

「まあ、いっか…。きっと大丈夫でしょ!」

挫折感がなくなり、やる気もなくなる。楽観的な気分になるのだ。

 

このドイツの実験では、難しい課題に失敗した後に、手を洗ったグループと手を洗わなかったグループに再度課題を与え、成績に差が出るかを調べてみた。その結果を比較すると、手を洗わなかったグループの方が成績が良かったという。

手を洗ってしまうと、やる気がなくなって成績が下がったのだ。

挫折感=ネガティブ

やらなくても大丈夫=ポジティブ

手を洗うとポジティブになる分、成果に結びつきづらくなるのかもしれない。

手の洗う効果まとめ

手を洗う事の効果をまとめてみよう。

①決断後の迷いや後悔を軽減する。

②失敗後の挫折感を軽減させる。

③ポジティブシンキングになる(やる気を低下させる)

 

「やる気」というのは「危機感や挫折感」などのネガティブな感情に裏打ちされているのかもしれない。テストの前に猛勉強するのもその為だろう。「なんとかなるさ~」なんてお気楽に考えていたら、テスト直前の一夜漬けすらできない。

そう考えてみると、焦り・迷い・後悔・挫折感といった負の感情も、自分の人生にとって大切なスパイスであることに気づく。

トラブルが起きるたびに手を洗って後悔や挫折感を洗い流していたら…それはきっと味気ない人生になってしまうだろう。

 

すこし汚いし風邪もひきやすくなるかもしれないが…今後の人生で手を洗うのは、もう卒業してもいいのではないだろうか?

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-精神と心理, 自己啓発

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.