今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

オカルト

月の地下に巨大な空洞があることが判明!!UFOの秘密基地発見なのか!?

投稿日:

月は地球の自転速度に合わせて移動しているため、地球から観測する限り表側の面しか見ることができない。

人類には観測できない月の裏側にはUFOの秘密基地があり、地球でたびたび目撃されるUFOは月から飛来している…そんな都市伝説がある。

しかし、NASAが発表した月の裏側の画像にはUFOの基地らしき建設物は写っていない。

それもそのはず、UFOの秘密基地は月の裏側ではなく、月の内部に存在しているのかもしれないからだ。

NASAが発表した月の裏側の画像と、日本の月周回衛星「かぐや」が発見した月の地下に広がる巨大な空間について紹介したい。

スポンサーリンク

月の地下にに広がる謎の地下空洞の謎!

まずは、NASAが発表している月の裏側の画像を紹介したい。

これがNASAが公開している月の裏側の画像だ。NASAのホームページで誰でも閲覧することができる。

宇宙気象観測衛星DSCOVR(ディスカバー)に搭載された高機能カメラEPIC(エピック)によって撮影されている。地球と月の裏側が一緒に映っている、とってもめずらしい画像だ。

画像は多少荒いものの、月の裏側には何の建造物もないのが確認出来る。

 

「やっぱり月にUFOの秘密基地なんてないわな、常識的に考えて」

 

そんな風に思うのは早計かもしれない。

なぜなら、宇宙航空研究開発機構 JAXAの月周回衛星かぐやが、月の地下に広がる巨大な空洞を発見したからだ。

月周回衛星かぐやが月内部に巨大な地下空間を発見!!

国際共同研究チームは、日本の月周回衛星「かぐや」に搭載された電波レーダ、月レーダサウンダーで取得したデータを解析し、月の火山地域の地下、数10m〜数100mの深さに、複数の空洞の存在を確認しました。確認された地下空洞の一つは、「かぐや」が発見した縦孔を東端として、西に数10km伸びた巨大なものです。地下空洞の存在を確実にした今回の成果は、科学的にも将来の月探査においても重要なものです。

参照元:月の地下に巨大な空洞を確認(JAXA)

JAXAの発表によると、地下に広がる巨大な空洞は数十キロ以上の面積を持つかもしれないとのこと。

画像参照:月の地下に巨大な空洞を確認(JAXA)

月の表面にある「マリウスの丘」という場所に、一見クレーターのような円形の地形がある。これが実はクレーターではなく、地下に繋がる巨大な穴であるという。

その穴の直径は50メートルで、深さも50メートルほどらしい。この穴の奥には、さらに巨大な空間が広がっている。

 

月軌道衛星かぐやには、月の地下構造を調べることができる観測機器が搭載されている。

その観測機器から波長の長い電波を月の表面に当て、その反射波を計測することで目に見えない地下を観測できる。その反射波を調べた結果、マリウスの丘周辺の地下には約50キロメートルもの地下空洞が存在するかもしれないという。

 

もしマリウスの丘周辺にホントに地下があるのだとしたら、それはほんの一部かもしれない。月の表面をもっと調べれば、月の内部にはとてつもなく巨大な地下世界が広がっている可能性だってあるだろう。

月の地下には地球外生命体の建設物がある…かも!?

もしホントに地下空洞があるとしたら、そこは有害な宇宙線の影響も少なく、太陽からも影になるので温度管理もしやすい。

そのため、将来的には地下に基地を建設することも可能かもしれないとのことだが…

 

これからの調査の結果、すでに地下に何らかの建設物があったとしたらどうだろう?

或いは、朽ち果てた文明の残骸があったとしたら?

マリウスの丘にある地下空洞はほんの一部であり、月の地下には広く、深く、巨大な空間が広がっていたとしたら?

そこではUFOの建設工場があったり、宇宙人の快適な住居空間が広がっていたり、或いはうさぎが餅をついて宇宙人に提供していて、それが地球を調査しに来た宇宙人たちの間で名物になっているかもしれない。

 

もちろん、これは荒唐無稽な都市伝説に過ぎない。

でももしかしたら、地球で目撃されるUFOは、月に穿たれた直径50メートルの穴から地球へと飛来しているのかもしれない…!!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-オカルト

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.