今話題の面白くて涼しげな”風説”を速報でお届けするブログです。

そよかぜ速報

オカルト

まさかUFO!?11月13日に宇宙から謎の物体が落ちてくる!その正体と落下場所とは?

投稿日:2015年10月28日 更新日:

欧州宇宙機関(ESA)の発表によると、宇宙空間に存在する謎の物体が地球に落下することがわかったという。

この未確認物体は「WT1190F」と命名された。

謎の物体とはなんなのだろう?

どこに落ちてくるのだろう?

人類に被害が及ぶのだろうか??

スポンサーリンク

謎の物体とはなんなのだろう?

宇宙を漂う正体不明の物体が地球に接近し、11月にインド洋に落下する見通しとなった。隕石にしては軽すぎることから、恐らく使用済み人工ロケットの残骸だろうと専門家は推定している。
物体の直径は約2メートル。欧州宇宙機関(ESA)によれば、地上の人間に危険を及ぼす恐れはほとんどないという。大気圏突入で燃え尽きなかった断片は11月13日、スリランカの南岸沖約100キロの地点に落下する見通し。

参照元:CNN「未確認物体が地球に接近、11月に落下へ」

今この瞬間にも、謎の物体が地球に近づいている。

この謎の物体は「WT1190F」と命名された。

WT1190Fの大きさはおおよそ2メートルほどで、そんなに巨大ではない。密度は水の10%ほどで、そのことから隕石ではないという。そして内部は空洞になっていると予測されている。

使用済み人工ロケットの残骸?

月探査機から脱落した外壁?

アポロ号のブースター?

専門家は様々な予測を立てているものの、実際のところその正体は不明だ。

いつ、どこに落ちてくるのだろう?

大きさが2メートルほどのため、高確率で大気圏突入の際に消失すると考えられている。

しかし、もし、大気圏を突破してきたとしたら、11月13日にインド洋に落下する見通しだ。

人類に被害が及ぶのかだろか?

白亜紀に地球に衝突し、恐竜を絶滅に追い込んだ隕石の大きさは、直径10~15Kmと言われている。それに比べれば、2メートルなんてハナクソみたいなもんだろう。

それに、たとえその謎の物体が大気圏を突破したとしても、摩擦熱で相当にボロボロになっているに違いない。しかしだからといって、その燃えカスが頭の上に落ちてきたらひとたまりもないはずだ。

幸い落下地点として予測されているのはインド洋、スリランカ南端から100kmの沖合だ。落下場所が渋谷のスクランブル交差点ならヤバかったかもしれないが、インド洋上であれば多分大丈夫だろう。

この謎の落下物で、人類に危機が及ぶ確率は限りなくゼロに近いと言える。

しかし、全人類が絶滅するかもしれない最悪の可能性がある。

謎の物体の正体とは!?

この宇宙から落下してくる謎の物体の正体とは何だろうか?

スペースデブリ(宇宙ゴミ)であるとの見方が強いが、実は1人乗りの宇宙船なのではないだろうか!?

宇宙船

全体で2メートル、中身が空洞…ありえる!!

 

だとしたら…乗ってきた宇宙人によって人類は絶滅の危機に瀕するかもしれない。

11月13日、果たして宇宙から何がやってくるのか?それは人類にとって脅威となるのだろうか?

何事もなく過ぎていくのを祈るばかりだ…。

追記

11月13日、この謎の落下物体は、無事スリランカ沖に落っこちた様だ。

どうやら人類に被害は及ばなかった模様。だけど、いったい何だったのかはいまだに不明だ。

大気中でたくさんの破片に分裂したとのことから、やはり何らかの人工物の残骸であったのだろう。とにかく、けが人などでなくてよかったよかった!

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-オカルト

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.