知的好奇心を刺激する、今話題の面白くて涼しげな情報をお届けする総合情報サイトです。暇つぶしにどうぞ!

そよかぜ速報

雑学

徹底比較!GoProレンタル料金最安値ランキング・ベスト3

投稿日:2017年10月29日 更新日:

最近、高性能カメラGoProのレンタル・サービスが流行している。

海外旅行の一週間だけ使いたいとか、ユニバーサルスタジオ・ジャパンに行く3泊4日の旅行だけ使いたいとか、沖縄のスキューバダイビングで海の中を撮影したいとか…1年に1度か2度くらいしか使う機会がないとしたら、わざわざ高額のGoProを購入しなくてもレンタルで十分ってわけだ。

そんなGoProのレンタルサービスを、純粋にレンタル料金の安さだけで徹底比較してみた!!

比較の参考にしたのは、Gopro6本体単体の3泊4日のレンタル料金。

あなたの旅のお供に、GoProレンタル料金最安値ランキング・ベスト3を是非とも参考にしてみて欲しい!!

スポンサーリンク

GoProレンタル料金最安値ランキング・ベスト3

1位:Nino(ニーノ)

Goproレンタルショップの中でも最安値は、Goproのレンタルに特化した「Nino Online Shop」というサイト。

  • GoPro Hero6 3泊4日 6,480円(税込)
  • GoPro Hero5 3泊4日 5,480円(税込)

追加料金でアームセットや、予備バッテリーなどが付けられるし、レンタル期間の延長もできるけど、その値段も他のレンタルショップと比べて圧倒的に安い。

もちろん往復送料無料で、旅行先で故障したとしてもすべての商品に保証がついているので安心してレンタルできる。しかもレンタルするのに身分証明書の提出が必要なく、煩雑な手続きなくお手軽に利用できる。

安かろう悪かろうではなく、GoPro初心者でも使い方などをメールやLINEで質問できたり、サービスも充実しているのもオススメなポイント。

海外旅行でちょっとだけGoProを使いたいということであれば、Ninoが一番お手軽に使えるだろう。

2位:Rentry(レントリー)

rentry

レントリーは家電やデジタルカメラなどをレンタルできるサイト。

ゴプロはもちろん、ドローンやプロジェクター、旅行用のスーツケースもレンタルできる。

  • GoPro HERO6 Black 3泊4日 8,640円

1位のNino Online Shopに比べると割高だけど、取り扱っている家電量はこちらが上。

値段にこだわらないのならこちらを使ってみてもいいかもしれない。

rentry

3位:Rentio(レンティオ)

レンティオはGopro以外にもダイソンやルンバ、ケルヒャー高圧洗浄機など、いろんな電化製品をレンタルすることができる。

  • GoPro Hero6 3泊4日 9,980円(税込)
  • GoPro Hero5 3泊4日 6,480円(税込)

レンティオも往復の送料が無料だし、保証もしっかりしている。だけど最新機種GoPro Hero6のレンタル料金がちょっと高めだ。

身分証明書の提出は必要ないけど、利用前にサイトに会員登録が必要なのがちょっとだけ面倒。

だけど会員登録すれば、GoPro以外にもいろんな電化製品がレンタルできて、生活が充実するだろう。

レンティオの公式サイトはこちら

GoProレンタル最安値まとめ

では、レンタル費用について表でまとめてみよう。

GoPro Hero6 3泊4日のレンタル費用
Nino 6,480円
Rentry 8,640円
Rentio 9,980円

サービス内容、使いやすさ、保証などを比較しても、この3社にほどんど差はない。

もし旅行中に使うためゴプロだけを借りたいのなら、ゴプロのレンタルに特化したNinoがオススメ。

ゴプロ以外にも家電を借りたいというのなら、RentryやRentioがオススメ。

 

自分のニーズにあったショップを選べば、買うよりも遥かにリーズナブルにゴプロが使える。

そうすれば、一生に一度の旅行で、臨場感のあるステキな思い出を残せるだろう!!

追記:ninoでゴプロ借りてみました

というわけで、レンタルショップの中でも最安値のGoproレンタルショップNino(ニーノ)を使ってみたので、そのサービス内容や返却方法を紹介したい。

  • ゴプロ本体
  • 3WAYカメラアーム
  • バッテリー
  • CSB-Cケーブル
  • マイクロUSBケーブル
  • 標準フレーム&台座パーツ
  • 防水ハウジング
  • ゴプロの説明書
  • 予備バッテリー
  • 充電器(3口タイプ)
  • マイクロSDXCカード64GB

同封されてきた書類の内容

  • レンタルご利用ガイド
  • レンタル商品リスト
  • ヤマト運輸の着払伝票
  • 箱閉じ用シール
  • 一口メモ

返却の方法

返却の方法はめちゃくちゃ簡単。

Ninoのゴプロ返却手順

①届いたときに使われていた小さなダンボール箱にゴプロ本体を梱包する。

②同封されているヤマトの伝票に必要事項を記入。

③近くのセブンイレブンやファミリーマートに持っていく。

これだけ。

返却期限は、返却最終日の24時までに手続きを完了していればOK。

たとえば、日曜日までに返却しなければならない場合、日曜日の23:59までにコンビニで着払いの配送手続きを済ませる必要がある。

これなら旅行の最終日がGoproレンタルの返却期日でも、十分に対応できるだろう。手続きがコンビニでできるし。

GoproHERO6安心セットのレンタル料

何から何までセットになって届いたら今すぐ使えるGoproHERO6の安心セット。

そのレンタル料は3泊4日で8,480円(税込)。

最新機種であるGoproHERO6の本体やもろもろの付属品をすべて購入するとなると、7万円くらいはかかってしまうかもしれない。

1年に2~3回程度の旅行でGoproを持っていきたい!!ということであれば、購入するよりもレンタルする方が良さそうだ。

常に最新機種をレンタルできるし、たとえ壊れても補償がついているから安心だ。

 

GOPRO6は初めてでも簡単に使えるし、広角レンズなので自撮りもキレイに撮影できるし動画も大丈夫。

旅行先の美しい風景と一緒に自撮りするのもいいし、スカイダイビングやスキューバダイビングでも使うことができる。

使いたい…けどGopro一式をそろえるのは高い!!

そんな時は買うのではなく、レンタルで済ますのが経済的なのではないだろうか。

≫GoproレンタルショップNinoの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© そよかぜ速報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.