今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

生活の豆知識

iPhoneの充電ケーブルがささらなくて充電できなくなった時の対処法

投稿日:

私は長年iphone5sを愛用しているのだけれど、ある日突然、充電ケーブル(LightningUSBケーブル)がささらなくなってしまった。

挿入口にケーブルをさそうとししても、グッと奥まで深くささらない。

その結果、ケーブルが認識されずに充電できなくなるし、すぐに外れてしまう…。

ケーブルがささらないと充電できないし、パソコンにも接続できない。充電が切れたら使えなくなって、誰かと連絡を取るのも一苦労だ。

地味に、というかリアルに困る!!

何度も何度もケーブルを抜き差してみるけど全然改善されず、めっちゃ焦った。

 

…なんとか自分で修理できたので、同じ症状に悩む人のためにもその改善方法を紹介したい。

スポンサーリンク

iPhoneの充電ケーブルがささらない原因は??

まず結論から申し上げると、このような症状は発生した原因は挿入口にホコリが溜まっていたから。

ホコリやゴミが詰まっていたから、充電ケーブルが入らなかったってわけだ。

きっと長年、iphoneをポケットに突っ込んでいたりしたにもかかわらず、一度も掃除なんかしたことなかったので、限界に達したのだろう。

 

iphone充電差し込み口の電子機器を傷つけないように、先の細い棒状のもので中のホコリを取り除いた。

使うのは自宅にあるもの、爪楊枝とか待ち針とか、そんなものでも可能だろう。

ちょこちょこと穴の奥をいじっていると、奥からホコリが出てきた!!

おおっ!!結構なホコリが…。

これじゃあ、充電ケーブルが刺さらないのもしょうがないな。

よし、この機会に充電口をキレイにしとこう。

 

安易にそう思って、さらにiphone充電差し込み口の奥深くをゴシゴシ。まるで耳かきをするように、ゴミ・ホコリを取り除く。

結果、想像を絶するような驚くべき量のゴミが入っていた。

げげげっ!!!

 

あの小さな挿入口にこれだけの量のホコリが詰まっていたなんて…。

4年間も掃除していないとこういうことになるんだねぇ。

 

ホコリを取り除いたら、バッチリ充電できるように!!

スマホの”穴”はマメに掃除した方が良さそうですね。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-生活の豆知識

Copyright© そよかぜ速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.