知的好奇心を刺激する、今話題の面白くて涼しげな情報をお届けする総合情報サイトです。暇つぶしにどうぞ!

そよかぜ速報

社会

知らないと危険な新元号詐欺の手口と相談の連絡先

投稿日:

2019年4月30日に平成が終わり、5月1日から平成にかわる新しい元号が使われる。

このように大きく時代が変わるタイミングは、それを利用した詐欺も横行する可能性がある。

「新しい元号にかわったので更新手続きが必要です」

「このソフトは新元号に対応していません」

このような言葉をうのみにして手続きをしてしまうと、個人情報が流出したり、お金を奪われる可能性もある。

新しい元号を利用した新元号詐欺の手口と対策を考えてみよう!!

スポンサーリンク

新元号詐欺の手口

①メールで届く不審な手続き

ある日突然、自分のメールアドレスに「新元号にかわるので手続きが必要です」というメールが届くかもしれない。

この手続きを完了しないとサービスを利用できなくなります

それは銀行かもしれないし、カード会社からかもしれない。保険会社や賃貸マンションの管理会社、国民年金事務所からってことも考えられる。

不用意に手続きしてしまったら、個人情報が奪われる可能性がある。

②スマホやパソコンのアプリ

スマホのアプリやパソコンにインストールされたソフトは、頻繁に更新手続きをしている。

その更新手続きを装った新元号詐欺を起きるかもしれない。

お使いのスマートフォンは新元号に対応していないので、更新手続きが必要です。更新はこちらのページから行ってください

突然、画面にこのような文字が表示される。

その画面の案内に沿ってアプリやソフトを更新すると…悪質なウイルスに感染してデータや個人情報が盗まれてしまうかもしれない。

カード番号が流出して不正利用されてしまう可能性もある。

③自宅に通知が届く

例えばカード会社から、本物っぽい手紙が届く可能性もある。

新元号になるためカード再発行手続きが必要です。お名前、住所、連絡先、カード番号、有効期限、セキュリティコードを記入の上、返信してください

もしすべてを記入して返信してしまったら、カードが不正に利用されてしまうだろう。

このような自宅への郵便を使った通知は、特に高齢者で注意が必要だ。

④料金を請求される

明らかにおかしいことだが、「新元号に変更になるので変更手続きに費用がかかる。その料金を支払ってほしい」という詐欺も横行する可能性がある。

逆に今「手続きしたらお金が還付されます」という還付金詐欺に新元号が利用される可能性もあるだろう。

また「新元号になるから必ず儲かる!」といった常識的には考えられない儲け話の詐欺も現れるかもしれない。

新元号になることをきっかけに費用がかかることも、お金がもらえることも、ましてや儲け話や投資話なんかも、現実的にはあり得ない。

お金がかかわってくる場合は、特に注意が必要だろう。

新元号詐欺への対策や相談連絡先

ここで紹介したわかりやすい詐欺パターン以外にも、本物としか思えないような巧妙な詐欺が登場する可能性もある。

新元号に際して、不審な手続きを要求されたら、まず疑うことが大事だ。

新元号詐欺への対策や注意点がこちら。

  • 怖くてパニックになるかもしれないけど、まずは冷静になる
  • クレジットカードや個人情報は絶対に明かさない
  • お金の受け取りや支払は絶対に行わない。
  • ○○日までに連絡ください!と書いてあっても絶対に連絡しない。
  • 迷ったり不安に思ったら友人や家族に相談する

具体的な対処法としては、全部無視で大丈夫。

どうしても不安で、でも相談できる相手がいなくても、一人で抱え込まずにまずは消費者ホットラインに連絡しよう。

詐欺かも!?と思ったら消費者ホットラインに相談を

もし怪しげな手紙が届いたり、スマホやパソコンに怪しい画面が表示されたり、家に不審な人物があらわれたとしたら、消費者ホットラインに連絡するのがいい。

消費者ホットラインは消費者庁が運営する相談窓口。

連絡先は局番なしの188。

日本全国、すべての市区町村には消費者生活相談窓口が設置されている。消費者ホットラインに連絡すれば、最寄りの相談先に自動的につないでくれる。

少しでも不審に思ったら、一人で悩まずに気軽に相談してみよう!!

スポンサーリンク

-社会

Copyright© そよかぜ速報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.