今話題の面白くて涼しげな”風説”を速報でお届けするブログです。

そよかぜ速報

ゲーム

ゼノブレイドクロスの感想!前作と比較しつつ良いところとイマイチな所をレビュー。

投稿日:2015年5月3日 更新日:

待望の大作RPG「ゼノブレイドクロス」が発売された。

そのプレイ感想と共に、良いところ悪いところを評価してみたい。

良いところ

①移動が快適!

②戦闘が面白い!

③曲が良い!

イマイチな所

①前作と比べるとドラマチックなストーリーがない…(多分)

②戦闘中移動しながらスキルを選べない…

③キャラデザインがアニメよりで癖がある…

それではそれぞれを簡潔に説明しよう。

スポンサーリンク

ゼノブレイドクロスの良いところ

移動が快適!

ゼノブレイドは「世界を歩き回る楽しさ」というものをひとつのテーマにしている。

大きな世界のどこにでも行けるし、其処には様々な発見がある。未知の地域に到達すれば経験値がもらえるし、山のてっぺんのような絶景ポイントに行けば経験値がもらえるなど、世界を歩き回るだけでも楽しい作りになっている。

ゼノブレイドクロスでは、前作を遥かに凌ぐマップの広さを保つため、移動の快適さというものに徹底的にこだわっている印象を受けた。

ダッシュの移動速度が結構速いので、さっくりと目的地に行ける。また手元のパットの画面をタッチするだけで行った事のある地域なら瞬時に移動できる。目的地までのナビゲートシステムがあり迷う事はない等、世界を歩き回る事に興味がない。面倒くさいと思ってしまうプレイヤーにも快適に遊んでもらえる工夫が随所にみられた。

戦闘が面白い!

戦闘に参加できるキャラクターはとんでもない数に上る。また、その内容も複雑で面白い。

キャラクターの成長もいろんな選択肢があるし、武器も様々な種類がある上にカスタマイズ可能。アーツと言われる特殊攻撃も多種多用で戦闘を奥深くしている。

これだけでもお腹いっぱいなのに、さらにドールと呼ばれる戦闘兵器がある。このドールはパーツから兵器、カラーリングまで自由に設定出来るので、もうそれだけでひとつのゲームになるんじゃないか?というくらいのボリュームだ。

そして敵。序盤から巨大な恐竜のようなモンスターが徘徊し、空を見上げれば変な怪物が飛んでいる。こいつらを倒せるようになるまでどれくらいかかるのだろう?

曲が良い!

ゼノブレイドはその内容も面白かったが、ゲームミュージックもすごく良かった。その良さは今回も引き継がれていて、長時間ゲームをやっても飽きることはないだろう。

スリリングなボス戦や地平の果てまで見渡せるフィールドのそれぞれで、ノリのいい音楽が流れる。

全体的にクラシックよりではなく、ロック・ポップスよりの曲調が多く、それがいい感じに世界観とマッチしている。

ゼノブレイドクロスのイマイチなところ

前作と比べるとドラマチックなストーリーがない(多分)

前作ゼノブレイドは未来が見える少年シュルクを主人公としたファンタジーRPG。

なぜ突然未来視の能力が現れたのか?という謎を軸に、序盤でシュルクの住む街が謎の勢力に襲撃を受けたり、ヒロインが失踪したりと、劇的な展開が続く。

対してゼノブレイドクロスはどちらかというとSF色の強いRPG。近未来の地球が異星人同士の争いにより破壊され、生き残りが不時着した惑星ミラでの物語となる。

主人公がアバターなのでセリフもないし、主人公にまつわる因縁や宿敵との関係なんかも画かれることはないだろう。

基本的な目的が惑星ミラの探索と生き残り地球人の発見。地球を襲撃した謎の異星人は何者なのか?という謎はあるものの、前作よりは先の気になるストーリー展開ならないのではないだろうか。

ただし5章のラストでかなり衝撃的な事実が明かされるので、ここまでは飽きずに進めて欲しい。

戦闘中に移動しながらアーツを選べない

戦闘中は左のパットで移動、その下の十字キーでアーツを選んでAボタンで発動。

ということはアーツを選びながら移動できないことになる。これが地味に面倒くさいし、攻撃がワンテンポ遅れてしまう。

Wii版では移動しながらアーツを選択し、そのまま攻撃出来た。アーツは敵の背後や側面から攻撃することで効果の高まる種類のものも有り、そこらへんに若干の操作性の悪さを覚えた。

プレイし続けるうちに慣れてきたけれども、ボタンの設定変更が出来れば良かった。

キャラデザインに癖がある

男女共瞳が大きくてアニメっぽいデザインが多い。ここは好き嫌いが分かれる所だろう。

ただ主人公のキャラメイキングはいろんなデザインから選べるので、ゴツいオッサンにしたり、ドレッドヘアーのイカツイ女の子に出来たり選択肢は多い。

声や体格は勿論、女性は胸の大きさ!まで選べる。

こだわる人は最初のキャラクターエディットだけで、何時間も費やしてしまうだろう。

ゼノブレイドクロスは面白いのか?

週末はこの惑星(ほし)で生きていく。

気の利いたキャッチコピーだ。

序盤は覚えることがたくさんあるわりに、使えるアーツも少なく退屈かもしれないが、ハマればめちゃくちゃ面白い。惑星ミラを歩き回るだけだって十分に楽しめる。

このゲームは200時間でも遊び尽くせないという。

スト―リーを追うだけという遊び方もできるし、様々なクエストをこなしながら仲間や町の人とのキズナを深めたりすることをメインにプレイする事もできる。ただひたすらに巨大な敵を倒すために修練する遊び方もあるだろう。ドールを積極的に使う人もいれば、肉弾戦に特化した戦い方もできる。ただひたすら、惑星ミラの秘境を探して走り回る人もいるかもしれない。

強大な敵に巨大ロボットでロケットランチャーをぶっ放すのか?

或いは強大な敵にナイフ一本で襲い掛かるのか?

人それぞれの遊び方が出来るのだ。

余りにも複雑なシステムが、ひょっとしたら肌に合わない人もいるかもしれない。だけど、やりごたえはめちゃくちゃにあるだろう。

ゼノブレイドクロスは面白いのか?

そりゃあ面白いでしょう。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-ゲーム

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.