今話題の面白くて涼しげな”風説”を速報でお届けするブログです。

そよかぜ速報

精神と心理

オキシトシンが持つ10の凄い作用とは?人見知り改善、離婚を防ぎ、安眠やダイエット効果も!

投稿日:

愛と信頼のホルモン「オキシトシン」は人間関係に好影響を与えることが知られている。その効果から、自閉症の改善にも効果があるという。

また、ストレス緩和やダイエット効果などもあるんだからすごい。

このオキシトシンの驚くべき10の作用と、それを増やす3つの方法を紹介しよう。

スポンサーリンク

オキシトシンが持つ10のすごい作用

  • 話す人の声の調子や表情から、相手の感情を感じ取る力がアップする。
  • 他人への警戒心を薄れさせ、人間関係に対して積極的な気分になり、社交性をアップさせる。
  • 他者に対するやさしさや寛容さを促す。
  • 怒り、敵意、攻撃性を抑え、ポジティブシンキングになる。
  • ストレスを緩和したり、ストレス耐性を高める
  • 食欲を抑制する作用がある
  • 抗不安作用でやすらぎ感がアップし、情緒を安定させる。その結果、質の良い睡眠をとることが出来る。
  • 記憶力を高める。ただし嫌な記憶を増強することで、不安や恐怖といった負の感情を増強する場合がある。
  • 頭痛を含めた全身のあらゆる痛みを緩和させる
  • 愛情や信頼を維持する

オキシトシンの凄い所は、社交性をアップさせる作用がある事。この効果で引きこもりが社会に出る恐怖を和らげることが出来るかもしれない。また、アスペルガー症候群を含めた自閉症スペクトラムに対して、オキシトシンは有効だという研究結果もある。自閉症の特徴である対人関係の弊害や、変化を嫌う心情に対して良い影響があるのだろう。

他者に対してムカつく!と感じる事が減り、逆に優しくしようって気分にもなる。

また、カップルや夫婦にとっては、その愛情の継続に効果がある。長年一緒にいると新しい恋についつい気が向いてしまうかもしれないが、オキシトシンの分泌が盛んだと他者よりも慣れ親しんだ人をより魅力的に感じるという。熟年離婚にはオキシトシンが不足しているのかもしれない。

オキシトシンを増やす3つの方法

素晴らしい効果のあるオキシトシン。その増やし方を紹介しよう。

スキンシップでオキシトシンが分泌される!

オキシトシンは肌と肌の触れ合い、スキンシップで増やすことが出来る。誰かを撫でる、手をつなぐ、抱き合う、そんな行為がオキシトシンを増やすのだ。

もし、ひとり暮らしだし、スキンシップするような恋人や家族や友人がいない…という場合はペットでも大丈夫。ペットをやさしく撫でてあげれば自分も、そしてペットの方もオキシトシンが分泌されるだろう。

もし、ペットもいない、いたとしてもカブトムシやクワガタだった場合は…。

そんな時はぬいぐるみで大丈夫。なるべく柔らかくて、もふもふな、抱きしめられるくらい大きなぬいぐるみを用意しよう。

え?クワガタはいるけど、ぬいぐるみなんてないし、買う金もない?

 

OK、その場合はを抱きしめてくれ。それでも多少はオキシトシンが分泌される。

硬~い竹の枕じゃなく、低反発枕なんていいんじゃないだろうか。

目と目が合ってオキシトシンが分泌される

目と目が合うだけで、ドキドキしたり緊張したり、なんらかの生理現象がおきる。目と目が合うという事は、それだけ大きなインパクトがあるのだ。

そんな目が合うという行為でも、オキシトシンを増やすことが出来る。

これは人間同士ではなくともよく、犬と目が合うだけでもオキシトシンが分泌される。猫の場合は視線が合うのを嫌がるので、オキシトシン分泌の効果はないだろう。

 

カブトムシの場合は…目があっているのかがわからないし、効果も不明だ。もしかしたら、カブトムシの方にめっちゃオキシトシンが分泌されているかもしれない。

コミュニケーションでオキシトシンが分泌される。

他者とのコミュニケーションでもオキシトシンが分泌される。

スキンシップがなくても、お互いに楽しい会話をすることでオキシトシンが分泌される。また、誰かに親切にすることでもオキシトシンは分泌されるという。

 

クワガタの場合は…オキシトシンは愛のホルモンだから、すっごい愛情を注いであげてクワガタに話しかければオキシトシンが分泌されるかもしれない。

 

オキシトシンまとめ

愛情や信頼といった人間関係と深いかかわりのあるオキシトシン。

スキンシップが減るから愛情がなくなるのか、愛情がなくなるからスキンシップが減るのか?それはわからない。しかし、自分の感情と人間関係を俯瞰で観察し、意図的にスキンシップをとることで、その人との親密さをアップさせたり、継続させたりできるという事は覚えておいた方がイイだろう。良い関係を築くにはスキンシップがとっても大事なのだ。

また、情緒不安定、うつ、アスペルガー、自閉症といった症状を緩和させるためには、肩や背中などにそっと手を置くだけでも良いかもしれない。

家族との関係、恋人との関係、子育ての時、犬やクワガタを飼っているとき、目と目を合わせたスキンシップはとっても大事なのだ。

 

でも、どうしてもそんな相手がいない、だけどオキシトシンが欲しくてたまらない。そんな貴方にオススメのアイテムがある。

アニメキャラの描かれた抱き枕だ!

あれ抱いて寝たら、めちゃめちゃオキシトシンが分泌されるだろう!目もついてるし、見つめ合うことも出来る。

アニメキャラの描かれた抱き枕流行の裏には、無意識に愛のホルモン「オキシトシン」を求める深層心理があったのかもしれない…。

 

アニメキャラの抱き枕を紹介したいところだが、あまりにも刺激が強すぎるデザインが多くて自主規制。平和的にビーズクッションのウサビッチ抱き枕なんていいんじゃないだろうか。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-精神と心理

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.