今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

健康とダイエット

お菓子にケーキも!?トランス脂肪酸の含まれる食品やその健康への悪影響について。

投稿日:2015年6月17日 更新日:

身体に悪いといわれてきた「トランス脂肪酸」が、ついに完全に禁止になるようだ。といってもアメリカでの話だが。

肥満大国アメリカでは、すでにトランス脂肪酸は規制の対象になっていた。しかし日本では全く規制されていない状態だ。

トランス脂肪酸が含まれる食品や、その悪影響について調べてみた。

スポンサーリンク

トランス脂肪酸が完全禁止に!!

【ワシントン時事】米食品医薬品局(FDA)は16日、マーガリンなどの加工油脂に含まれ、心筋梗塞などの発症リスクを高めるとされるトランス脂肪酸について、2018年6月以降に食品への添加を原則禁止すると発表した。FDAは13年に規制案を提示し、その後の調査・意見聴取で、食品への使用に関し「安全とは認められない」と結論付けた。
FDAのオストロフ局長代行は「今回の措置により、毎年数千件の致命的な心臓発作を防ぐことができる」と説明した。ピザやケーキなどの食品業界は3年の猶予期間後、使用を全廃する必要がある。
トランス脂肪酸を過剰摂取すると、肥満や心臓病などの危険性が高まるとされ、米国の自治体などで規制の動きが出ていた。一方、日本では平均摂取量が世界保健機関(WHO)の基準値よりも少ないことから、通常の食生活を送っていれば健康への影響は小さいとされ、厳格な規制はない。

参照元:ヤフーニュース

アメリカで規制されていたトランス脂肪酸が、ついに完全に禁止される予定となった。

現在トランス脂肪酸を規制しているのは、肥満が社会問題化しているアメリカやデンマークなど。

日本ではそんなに問題視されていないし、スーパーでも普通にマーガリンが販売さている。

 

トランス脂肪酸は規制するほど体に悪いのだろうか?

トランス脂肪酸の悪影響とは?

脂質はタンパク質や炭水化物と共に三大栄養素にあげられる、身体にとってとても大事なものだ。もちろん摂りすぎはよくないが、脂質が足りないと健康にも悪影響がある。

だけど、トランス脂肪酸について言えば、まったくとる必要もないし、むしろ悪影響しかない。

人間の体に全く必要のない物質なのだ。百害あって一利なし!!

 

トランス脂肪酸を摂りすぎると、血中コレステロールが増加する。

悪玉のLDLコレステロールを増やし、善玉のHDLコレステロールを減らすということが、研究の結果判明している。

するとどうなるか?

様々な病気のリスクが跳ね上がる。

  • 冠動脈性心疾患
  • 虚血性心疾患
  • 心筋梗塞による突然死
  • 糖尿病

トランス脂肪酸の摂りすぎは、これらの疾患のリスクを上げるというのだ。

また科学的な根拠には乏しいものの、ガン、免疫機能、認知症、不妊、ぜんそく、アトピーなどにも悪影響を及ぼす可能性があるという。

 

トランス脂肪酸が入っている食品の一覧

トランス脂肪酸が含まれている食品とは何だろうか?有名なところではマーガリンがあるが、それ以外の食品についてみてみよう。

  • 味付けポップコーン
  • コーヒークリーム
  • 生クリーム
  • コンパウンドクリーム
  • マヨネーズ
  • 食パンや菓子パン(特にクロワッサン)
  • サーロインステーキや肩ロース、牛ハラミ
  • ファストスプレッド
  • ショートニング
  • プロセスチーズやナチュラルチーズ
  • お菓子やケーキ類全般

マーガリンだけが有名だけれども、他にもたくさんの食品にトランス脂肪酸は含まれている。

肉類はそのほとんどの部位にトランス脂肪酸が含まれているものの、精製されたものでもないし、気にする事もないだろう。

だけれど、もしお肉大好きでトランス脂肪酸が気になる人は、たまにはヒレステーキに変えてみるのもいいかもしれない。ヒレステーキのトランス脂肪酸量ははサーロインの約半分だ。

特に衝撃的だったのはショートニングを含んでいるお菓子やケーキ類にたくさんのトランス脂肪酸が含まれているという事。

ショートニングは植物油脂の事。マーガリンから水と添加物を除いたもので、超高密度マーガリンという感じ。そりゃあ、トランス脂肪酸が豊富に含まれているわけだ。食感をサクッと軽やかにしてくれるので、お菓子類にもいっぱい使われてる。

  • ショートケーキ
  • アップルパイ
  • ドーナツ
  • 生チョコレートケーキ
  • シュークリーム
  • ビスケット
  • クッキー
  • ポテトチップス

全部大好きじゃないか!!!

 

トランス脂肪酸が入っていない油は?

WHOはトランス脂肪酸の摂取を、1日の総カロリーの1%未満とするよう勧告している。日本人の平均摂取量は0.3%程度だというから、すぐさま規制ということにはならなさそうだ。

だけど、摂らないに越したことはない。

先ほど紹介したトランス脂肪酸を含む食品を意識的に控えることと同時に、使う油をオレイン酸やリノレン酸を含んだ食用油に切り替えるのも効果的だ。

オリーブオイルやごま油などだね。

長期間保存すると酸化してトランス脂肪酸が増えるので、新鮮な油を使うようにしよう。

 

トランス脂肪酸が完全に規制された世界とは?

トランス脂肪酸が含まれているからと言って、サーロインステーキが規制されるわけではないだろう。

あくまでも食品に添加することを禁止するということなので。

だけれども、トランス脂肪酸が添加されている食品は多岐にわたる。

お菓子類なんて殆どすべてに添加されているといっていいのではないだろうか?

 

日本人のトランス脂肪酸摂取量からしても、肥満大国アメリカに準じてトランス脂肪酸を規制する、なんてことはまだまだなさそうだ。

もし仮に日本も同様にトランス脂肪酸が規制されたとしても、かつて中国がレアアースを規制した時の様にあっという間に代替案を新発明してしまうのかもしれない。

 

ともあれ規制するしないにかかわらず、トランス脂肪酸はあまり摂取しない方が良さそうだ。

なんで美味しいものに限って、健康に悪いんでしょうね…。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-健康とダイエット

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.