知的好奇心を刺激する、今話題の面白くて涼しげな情報をお届けする総合情報サイトです。暇つぶしにどうぞ!

そよかぜそくほう

オカルト 雑学

犬の精巣から抽出したエキスを自らに注射したマッドサイエンティストの末路

いまから100年以上前の19世紀末。

生理学者のシャルル・エドゥアール・ブラウン・セカールが驚くべき人体実験を行った。

 

なんと、犬の睾丸(精巣)からエキスを抽出し、それを人間に注射してその変化を確認するという恐るべき実験だ!!

 

この非人道的な実験の実験台となったのはシャルル・エドゥアール・ブラウン・セカール博士自身。

犬の睾丸をすりつぶして抽出した液体を注射器から体内に…プスリ!!

博士はこの注射をなんと10回ほど行ったという。

 

すると…

 

なんと、当時72歳の老人だった博士は、心身ともにみるみると活力を取り戻したという。

 

これは男性ホルモンのテストステロンを補充したためなのだろう。

 

博士は老化の原因が生殖腺の機能低下にあるとし、それを証明するためにこんな実験を行った。

この実験が、のちに男性ホルモンのテストステロンや、女性ホルモンのエストロゲンの発見につながったとか。

 

現代ならば、とりあえずマウスで実験となるところ。

なんちゅうか、昔の科学者ってスゴイ根性と知的好奇心を持ってますよね(^^;

オススメ記事:恐怖!「死ぬまでコーヒー飲み続けるの刑」を執行された死刑囚の奇妙な運命

スポンサーリンク

-オカルト, 雑学

Copyright© そよかぜそくほう , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.