今話題の面白くて涼しげな”風説”を速報でお届けするブログです。

そよかぜ速報

社会 雑学

貧乏と金持ちの生活習慣の違いを調べた厚生労働省の調査が面白い!!その内容を紹介。

投稿日:2015年12月15日 更新日:

厚生労働省が行った、貧乏と金持ちの生活習慣の違いを調べた調査が面白い。

収入の差で肥満の割合に違いはあるのか?飲酒や喫煙に差はあるのか?食生活は?

その内容を紹介しよう。

スポンサーリンク

収入と生活習慣の関係

厚生労働省が行った「平成26年国民健康・栄養調査」は、世帯所得を3つに区分して調査された。

「200万円未満」

「200万以上~600万円未満」

「600万円以上」

この3区分だ。これらの収入の差によって、生活習慣はどの様に変化するのだろうか?

オススメ記事:金持ちや成功者に共通する3つの習慣とは?習慣を変えることで人生が激変する理由

収入による食習慣の差

穀物、つまりごはんやパンや麺類は、男性では「200万円未満」「200万円以上~600万円未満」で多く摂取していた。

つまり、収入600万円以上の金持ち男性は、穀物をあんまり食べないってこと。

女性の場合は「200万円未満」だけで穀物の摂取量が多いという結果だった。

 

対して野菜の摂取量は、男女ともに「600万円以上」がとっても多いという結果。

収入が低いと、安くてお腹がいっぱいになるご飯や菓子パンなんかをたくさん食べるって事なのだろうか。

 

また食品を選ぶ際の判断基準も調査を行っている。

「美味しさ」「栄養価」「大きさ」「季節感」「安全性」「簡便性」等の基準があったが、世帯収入が高ければ高いほど、それらの要素を重視する比率も上昇した。つまり、収入が低い世帯は「食べ物にこだわりを持っていない」といえるだろう。

面白いのは「価格」という要素。

一番価格を重視する割合が高かったのは「200万円以上~600万円未満」で、その次は「600万円以上」、最後が「200万円未満」という結果になったのだ。

本来ならば、金持ちこそが金に糸目をつけず食べ物を買うはず。だけど実際は、200万円未満の世帯が一番お金を気にしていないという意外な結果に。

 

収入が低いのに、食べ物には気にせずにお金を使う…。そのくせ、食べ物にこだわりがない。

 

周りに思い当たる人はいないだろうか?

これは経済感覚が欠如しているというか、ファイナンシャルリテラシーが低いというか…だからこそ世帯収入が低いのかもしれない。

喫煙の割合

喫煙は男女ともに「600万円以上」の世帯は低いという結果が現れた。

やはり「喫煙=低所得」という事なのだろうか。

社会全体が禁煙一色になっている中で、それでも喫煙しているという事は「禁煙できない=意志が弱い=努力できない=金持ちになれない」なんて図式が成り立つのかもしれない。

飲酒の習慣

「生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している者の割合」を調べたわけだが、これは予想を裏切る結果だった。

女性では収入による差は見られなかったが、男性は「200万円未満」が飲酒している割合が低かった。

「低所得者は酒浸り」そんなイメージは、実際のところ間違っているようだ。

「仕事をクビになる→貧乏→ヤケ酒→アル中→生活が荒れる→嫁とこどもが出ていく」といった固定観念があったが、寧ろ収入200万円未満の方が飲酒していない。アルコールって意外と高いし、ガンガンに飲めるほどの収入がないというのが理由なのかもしれない。

逆に高所得者は、ビジネスなどで人とかかわる機会が多く、食事会での飲酒も増えるのだろう。

肥満の割合

肥満の割合は男女ともに、200万円未満の割合が最も多かった。

200万円未満は穀物、つまり炭水化物を摂取する量が多く、その分野菜や肉を食べていない。それゆえに、肥満に繋がってしまう。

昔のように、貧乏だからって痩せる時代ではないのだ。

この低所得者が肥満になる傾向は、アメリカでも社会問題となっている。

アメリカといえばピザ、ピザといえばデブ。

安くて高カロリーなファストフードばかりを食べていると、栄養価が低いのに太ってしまい、健康を害してしまう。それが結果的に莫大な医療費に繋がり、財政を圧迫する。

 

最も質の良いダイエットの方法は、食事を制限するのではなく、逆に食事にお金を掛けてしっかりとバランスのとれた食事をするってことなのかもしれない。

きちんと食べ物にお金をかければ、健康で肥満にもならないのだ。

歯の本数

歯の本数が 20 歯未満の者の割合は、男女ともに「600万円以上」が最も低かった。

逆に考えれば、所得が低ければ低いほど、歯の本数も少ないということになる。

歯の治療にお金をかけられないかもしれない。「こども時代の家庭環境が荒んでいると虫歯が多くなる」という事実があることから、「世帯収入が少ない=家庭が荒む=虫歯が増える=歯が少なくなる」という図式が成り立つ可能性もある。

収入と生活習慣の関係まとめ

これらの結果をまとめると、世帯収入が低い人物のキャラクターが見えてくる。

食にこだわりがなく、値段も気にしない。煙草は吸うけれど、酒は飲まない。歯は20本以下で、ちょっと太っている。

逆に高収入の人物はこうだ。

食にこだわりがあり、食べ物の値段も気にする。煙草は吸わないが、酒は適度に飲む。歯はきれいで、標準体重。

なんとなく、わかるような、わからないような…。

 

しかし、この厚生労働省の世帯所得と生活習慣についての調査で、もっとも驚くべきことはこれらの調査結果ではないだろう。

それは3つの区分の定義。

世帯所得の区分が200万円未満・200万以上~600万円未満・600万円以上と分けられている事の方が驚きではないだろうか?

200万円未満が低所得、200万以上~600万円未満が普通、600万円以上が裕福、ってこと。

 

なんとな~くではあるが、低所得の境目が300万円未満であるような気がしていた。世帯所得だから、家族全員の収入の合計の事だろうに200万とは…。これも時代の流れなのだろうか。

「年収は最低でも600万円以上が希望です!!」なんて、軽々しく口に出来ない時代なのかもしれないね。

オススメ記事:幸せはお金で買えるのか?年収いくらから幸せなのか?そんな疑問に対する解答とは!?

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-社会, 雑学

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.