知的好奇心を刺激する、今話題の面白くて涼しげな情報をお届けする総合情報サイトです。暇つぶしにどうぞ!

そよかぜそくほう

自己啓発

「感動」と「平穏」は対義語であり、幸せには「足し算の幸せ」と「引き算の幸せ」があるという話

映画は私たちにたくさんの「感情」を与えてくれる。

楽しい!

嬉しい!

悲しい!

怖い!

つらい!

ドキドキ!

びっくり!

 

それがポジティブな感情であれ、ネガティブな感情であれ、感情が動いていく。

これが”感動”(感情が動くこと)であり、わたしたちは感動を求めている。

「お金持ちになりたい!」も「偉くなりたい!」も「モテモテになりたい!」も、突き詰めて考えていけば「感動」を得る手段でしかない。

 

簡潔に言えば、感動することが”幸せ”の正体、あるいは人生の目的ではないかと思う。

 

努力。

友情。

勝利。

愛情。

快感。

刺激。

人生における、そういった様々なファクターから感動を得ること。

これは「足し算の幸せ」だ。

 

「あること」が幸せにつながる。

 

一方で「ないこと」が幸せにつながる「引き算の幸せ」もある。

簡単に言えば、「心の平穏が幸せ」という感じ。

へいおん【平穏】

変わった事も起こらず、おだやかなさま。

どんどん引き算していって、”ない”ということに価値を置く。

 

何も起こら”ない”こと。

喜びも悲しみも”ない”こと。

友人もお金も”ない”こと。

他者への愛憎も”ない”こと。

なにももってい”ない”こと。

ただそのままの自分で”ある”こと。

 

そこには感動では得られない真の幸せがある…かもしれない。

感動の中にも平穏がある人生

おそらく「感動」と「平穏」は対義語なんだろう。

足し算の幸せばっかり求めていたら、きっと幸せの中にも不安を感じてしまうだろう。

引き算の幸せばっかり求めていたら、きっと仙人のような、植物のような人生になってしまうだろう。

 

過ぎたるは猶及ばざるが如し。

 

すべてを得た人は自分が何も持っていないことに気づき、すべてを失った人はすでに自分が得ていたことに気付く。

人生ってのはそんなものなのかもしれない。

できることなら、ほどよく感動し、その中にも平穏がある、そんなバランスのとれた人生を送りたいものですね。

スポンサーリンク

-自己啓発

Copyright© そよかぜそくほう , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.