今話題の面白くて涼しげな情報をお届けするブログです。

そよかぜ速報

健康とダイエット

小麦粉に含まれるグルテンの悪影響と、甘党でも出来るグルテンフリー・ダイエットの効果について。

投稿日:2016年3月30日 更新日:

いっつもイライラしている。頭痛が酷い。毎日下痢か便秘。

そんな症状、ひょっとしたら”グルテン”が原因かもしれない。

グルテンとは小麦粉に含まれるたんぱく質のひとつ。

いま、グルテンフリー(グルテンを摂取しない健康法)が欧米で大流行しているという。

今回はグルテンが人体に及ぼす悪影響と、甘党にもオススメできるグルテンフリーダイエットについて紹介しよう。

スポンサーリンク

グルテンフリーな生活のふたつの効果

女優の有村架純も行っているといわれる「グルテンフリー」とは、グルテンをまったく摂取しない食生活を送ること。

グルテンは小麦粉と水を混ぜてこねこねすると発生するタンパク質。つまりグルテンフリーだと、パンやうどん、パスタにお菓子なんかも食べれない。

これだけ見ても、グルテンフリーの生活ってかなり厳しそうだ。

そんなグルテンフリーな生活は「体質の改善」「ダイエット」のふたつの効果があるといわれている。

グルテンフリーで体質改善

小麦粉を日常的にたくさん食べていると、慢性的な体調不良の原因になる可能性がある。それはグルテンは小麦アレルギーセリアック病の原因になるといわれているからだ。

セリアック病は小腸に炎症を引き起こす病気。その結果、栄養吸収が上手くいかず、栄養失調になってしまう可能性もある。

  • 慢性の下痢や便秘
  • 体重の減少
  • 貧血
  • 大便が臭すぎる
  • 慢性的な疲れ
  • 頭痛やイライラ
  • 脳の働きを鈍らせる

この様な症状が日常的に起きていて、どんな治療でも治らない場合は、ひょっとしたらグルテンが原因の可能性がある。グルテンに対して自分がアレルギー反応の起しているのかについては、専門の医療機関で血液検査をするればわかるだろう。

もしグルテンが原因であれば、グルテン・フリーな生活が一番の治療になるはずだ。

 

花粉症と同様に、平気な人はどんなにグルテンを食べても平気。だけど、これも花粉症と同じで、成人になってから突然グルテン・アレルギーを引き起こす可能性もある。それを予防するには、グルテンを使った食品を制限するのが有効だろう。

グルテンフリー・ダイエット!

グルテンフリー・ダイエットとは、小麦粉(グルテン)を使った食品を食べない事で痩せようというダイエット。いわゆる「炭水化物制限ダイエット」ととても似ている。

ケーキや洋菓子など、小麦粉をこねて作られる料理は高カロリーなものが多い。そういった料理を一切食べなければ、たしかに有効なダイエットになるだろう。

パスタやうどん→蕎麦

パン→ごはん

ケーキやクッキー→プリン

と、変換可能なわけだ。

グルテンには食欲増進効果もあり、ついつい食べ過ぎてしまうという。グルテンの入った食品を食べなければ、食べ過ぎを予防することが出来るだろう。

また、完全な炭水化物制限ダイエットは脳梗塞や心筋梗塞のリスクを上げ、健康に悪影響になる。その点グルテンフリーダイエットは、ご飯で糖質を摂取できるので、糖質制限ダイエットに比べて比較的安全に行えるのではないだろうか。

グルテンのまとめ

どうやらグルテンへのアレルギー反応によって様々な悪影響が発現するようだ。

欧米でグルテンフリーが大流行しているのは、パンやピザなどの欧米の食生活がグルテンたっぷりなせいもあるのかもしれない。アレルギーが起きるかどうかは、遺伝的な素養と共に、どれだけそのアレルゲンに接しているかも重要なファクターだからだ。

 

花粉症もたくさんのスギに囲まれた家に住んでいる方が発症しやすいように、パンやパスタばっかりの食生活であれば、それだけグルテン・アレルギーを起してしまう可能性が高いだろう。

きっと欧米の方が、日本よりもはるかにグルテンアレルギーを持った人が多い。だからこそ、グルテンフリーが流行しているのだ。

 

しかしお米が主食の日本人であれば、それほど神経質にグルテンを気にする必要もないのではないだろうか。普通に和食的な食生活であれば、ちょっとくらいパンやお菓子を食べても大丈夫だろう。

ただ、慢性的にセアリック病と似たような症状が起こっている場合は、グルテンフリーの生活を送ってみるのもいいかもしれない。もし数週間グルテンフリーで生活し、それらの症状が改善したとしたら、原因はグルテンってことになる。その場合はグルテンフリーを続けた方が良いだろう。

 

それにしても甘党にとって、グルテンフリーダイエットは中々に有効そうだ。

先日糖質制限ダイエットの第一人者が心不全で急死し、糖質制限ダイエットが原因ではないかと騒がれた。真偽は不明だが、糖質制限ダイエットのリスクについては様々な専門家が警鐘を鳴らしている。その点、グルテンフリーダイエットであれば、健康的に安全に少しずつダイエットできるだろう。

デザートとしてケーキやクッキーやあんぱんやドーナツなどは食べられないが、チョコレートやアイスクリームや果物やゼリーやプリンは食べられるんだから!!

グルテンフリーダイエットなら、甘味への想像力の翼をはばたかせることで、ダイエットしているのに太ることも夢ではないだろう。

まさに甘党でも大満足できるダイエット…かもしれない!?

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-健康とダイエット

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.