知的好奇心を刺激する、今話題の面白くて涼しげな情報をお届けする総合情報サイトです。暇つぶしにどうぞ!

そよかぜそくほう

オカルト

原始人の幽霊が存在しない理由が判明か!?

あなたは幽霊の存在を信じているだろうか?

 

もし死んだ人間が本当に幽霊になるとしたら…そう考えてみると、いろんな矛盾が発生する。

 

「人類が発生して以降、何億人という人間が死んでいるわけだし、死者が全員幽霊になっているとしたら地球は幽霊だらけになってしまうじゃないか!?」

とか。

 

「幽霊がホントにいるのなら、原始人や古代人の幽霊だっているはず。なぜ出てこないの?」

とか。

 

その理由へのひとつの回答が「幽霊寿命400年説」だ。

なんと、幽霊のなっても400年くらいたつと自然消滅しちゃうらしい。

 

その理由となったのが関ケ原に出現する幽霊のエピソード。

徳川家康と石田三成が雌雄を決する死闘を行った関ケ原の合戦。

戦地となった関ケ原では、昔から落ち武者の幽霊がたびたび目撃されていた。

だけれど、不思議なことに20年くらい前から幽霊の目撃情報が激減したという。

地元の人たち曰く、幽霊たちがそりゃあもう、一気にいなくなってしまったとか。

 

そんな地元の目撃証言から、「幽霊の寿命400年説」が導き出された。

関ケ原の合戦は1,600年だし、400年もたつと幽霊も恨みがなくなるのか、エネルギーが枯渇するのか、霊体が自然に消滅してしまうのかもしれない。

 

もし幽霊の寿命が400年くらいだとしたら、原始人の幽霊が現代に現れないのもわかる。

地球が幽霊だらけにならない理由だって説明がつくだろう。

ちなみに日本三大怨霊として、平将門、崇徳院、菅原道真が有名。だけど、これらは日本特有の御霊信仰(天災・厄災を恨みを持って死んだ人の怨霊と考えてそれを祭る)がベースにある。彼らは幽霊として出現しているわけではなく神さま的存在になっちゃっているんだね。

幽霊の寿命とオウム真理教の関係

幽霊が本当にいるのか、それとも幻覚や見間違いなのかはわからない。

幽霊の寿命がホントに400年なのかもわからない。

 

…が、あえてドライな目で現実的にとらえてみると、2,000年くらいから関ケ原の落ち武者の目撃情報が激減したのにはオウム真理教が関係しているかもしれない。

 

20世紀のテレビではよく怪しげなオカルト番組や心霊番組、UFO特集なんかが放送されていた。

丹波哲郎。

冝保愛子。

織田無道。

ユリ・ゲラー。

当時の日本には、それらの不可思議な番組を面白おかしく受け取れる土壌があった。

 

しかし1995年にオウム真理教が地下鉄サリン事件を起こす。

オウム真理教は超能力やオカルトを信者の獲得や洗脳に利用しており、これにより”オカルト=危険”という図式が広まってしまった。

テレビ局はオカルトを取り扱う際に神経質にならざるを得なくなり、昔に比べて安易に番組を作れなくなってしまったわけだ。

 

1995年以降に胡散臭くて、くだらなくて、あやしくて、おもしろくてワクワクする心霊番組が少なくなっていくと…

「幽霊の存在を信じる人」も少しずつ減ってしまい、「幽霊?いわるわけないよね」という人が増えていく。

 

幽霊を信じていない人が増えたら、そりゃあ幽霊の目撃情報も減るだろう。

落ち武者の幽霊がたくさんいる関ケ原だって例外じゃない。

 

幽霊を信じている人であれば、ちょっとした見間違いも「幽霊だぁ~!」なんて騒ぐかもしれない。

幽霊をまったく信じていない人だったら、ホントに目の前に幽霊があらわれても「幽霊なんているわけない。見間違い見間違い」なんて、せっかく登場した幽霊を無視しちゃうかもしれない。

 

関ケ原で20年くらい前から幽霊が激減したのは、幽霊の寿命が400年だからってわけではなく、ただ単に「幽霊を信じる人が少なくなってしまった」からかもしれない。

 

まあ、幽霊の寿命が400年なのかどうかはわからないけれど、強い恨みや怨念を持って死んだ人たちの霊が400年の時を経て成仏できるのなら、悪い話ではないですね。

スポンサーリンク

-オカルト

Copyright© そよかぜそくほう , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.