精神と心理 雑学

知識と知恵と知能の違いと”知能格差が拡大していく世の中”の問題点。

最近の若い成功者を見ると、自分よりも年下なのに自分よりもめちゃくちゃ頭がよくて、そりゃあ成功するよなって感心しちゃう。

そんな「頭のいい人」の成功が昔よりも遥かに多くなってきた半面、「頭の悪い人」の不幸もまた明確になりつつある。

 

昭和の時代は「知識を持つこと」が重要だった。

平成の時代は「知恵を持つこと」が重要だった。

そして現在、令和の時代は「知能の優劣」が今まで以上に重要視され、それは大きな格差につながっていくのではないだろうか。

 

わたしが個人的に考える知識と知恵と知能の違いがこちら。

知識:知っていることがら

知恵:知識を使って恵みを作り出す能力

知能:知識や知能に対する生まれつきの能力

知識はただ情報を知っていることであり、今となっては「ネットで調べればすぐにアクセスできる情報」をただ丸暗記しているだけにすぎなくなっている。

ネットが一般的に普及した今、相対的に個人の知識量の重要性は低下している。

昔は尊敬された「知識豊富な老人」が今では尊敬されないのも、ネットで圧倒的な情報に手軽にアクセスできるからだろう。

 

知恵は「知識という道具で結果を生み出す能力」と言っていい。

知識を踏まえた具体的な行動であり、創意工夫やアイデアを思いついたり現実化する能力。

知識をひけらかしてマウントをとる人間が滑稽なのは、知識に対して知恵が伴っていないから。

逆に優れた知恵をもっている人は、たとえ知識が少なくても満足のいく結果を得られる。

 

知能は知識や知恵に関する能力のことであり、脳の機能に大きく左右される生まれつきのものだ。

史上最速の男ウサイン・ボルトと同じ練習メニューで努力しても、ほとんどの人間はあれほどのスピードで走れない。

それは人種、体格、環境などの生まれつきの差があるから。

同じように知能にも圧倒的な覆せない個人差がある。

同じように勉強しても、同じように経験しても、そこから得られる知識や知恵にはすごく個人差があるわけだ。

 

…で、ここからが問題。

黒人差別とか、ジェンダー問題とか、ルッキズムとか、世の中にはいろんな差別に対する議論や活動がなされている。

実際に社会はそういった格差を平等にする方向に、少しずつだけど動いている。

だけどそういった問題提起に「知能の格差」は含まれていない。

 

昔に比べてみると、人種差別問題は少なくとも拡大はしていない。

あからさまな男女差別もなくなりつつある。

学歴による差別も昔に比べればマシになっているだろう。

受験戦争だって昔よりは危険じゃなくなってるし。

 

そんな風に格差がなくなっていくとどうなるか?

自然と、大なり小なり実力主義の社会になっていく。

すると生まれつきの知能が重要になってくるわけだ。

 

平等な社会の中で、実は知能の格差だけは拡大し続けているのではないだろうか?

 

本当に頭のいい人間は、簡単に起業できるし、ネットを使って成功できる。

小説や芸術作品を世の中に広く発表する機会も無数にあるし、ユーチューバーになって大儲けもできる。

 

ネットが普及し、知識の重要性が低下したことで、相対的に知恵の重要性が増した。

さらにネットが拡大し、誰もが可能性とチャンスを掴みやすい状況になった結果、知恵よりも知能が重要になってきた。

そんな感じがする。

 

問題は生まれつきの知能の優劣が、見た目ではもちろん、知能テストなんかでもまったく判別できないってところにある。

知能が高い人間は10代の頃から親よりも高収入になっちゃうことだって可能だし、よい人間関係を築き幸せな人生も遅れちゃう。

だけど生まれつき知能が低い人間は、知能が低いというデメリットを抱えて、誰にもサポートされずに苦しみ続ける。

知能が低いので映画や小説や漫画も十分に楽しめないし、もちろん人間関係も上手くいかない。

脳と密接な繋がりがある手先も不器用だし、記憶力もないし、注意力もない。

そのくせ、発達障害の範囲にも入らない。

その結果、平均多岐に収入が低くなったり、孤独になりやすくなったりで、犯罪に繋がったりもするはず。

 

ではどうすればいいのか?

これはもう、「知能の見える化」をするしか手立てがない。

脳をCTスキャンしたりして、脳の機能を明確に割り出し、脳力値を出す。

そうして脳力値が低すぎる人には手厚いサポートを…

 

な~んて考えるだけでいろんな問題が各方面から噴出するのがわかる。

それに知能の格差を是正するって、社会全体を考えるとメリットがあるのかもわからん。

まあ、昔よりもいろんな選択肢がある現在は、たとえ知能が高かろうが低かろうが、「満足のいく自分らしい人生」ってやつを選びやすくなっているのは確かなのかもしれないですね。

スポンサーリンク

-精神と心理, 雑学