知的好奇心を刺激する、今話題の面白くて涼しげな情報をお届けする総合情報サイトです。暇つぶしにどうぞ!

そよかぜそくほう

ネタ

ジャンボ宝くじで1等が当選する確率と不運で死ぬ確率の比較

先日、実に7~8年ぶりに胃の内視鏡検査を受けてきた。

胃に異常がないかを、健康診断のついでにチェック!

もういい歳だしね。

で、検査前の同意書を読んでいて驚いたんだけど、胃の内視鏡検査では53万人に1人の確率で死亡するケースがあるという。

胃の内視鏡検査における死亡率は0.00019%!!

 

なんか、まあ、めったに起きないからいいけど…

でも、年末ジャンボ宝くじで一等7億円当たるよりははるかに高確率で死ぬわけだ。

 

そこでふと気になった。

宝くじでの高額当選の確率よりも、普通に生きてて死ぬ確率の方がぜんぜん高いだろうな~って。

 

年末ジャンボ宝くじの1等7億円の当選確率は2000万分の1で0.000005%だという。

この確率といろんな死亡率を調べて比較してみた。

 

その結果がこちら。

確率
ジャンボ宝くじで1等当選 0.000005%
胃の内視鏡検査で死亡する確率 0.00019%
大腸の内視鏡検査で死亡する確率 0.0006%
飛行機が墜落して死亡する確率 0.0009%
1年以内に交通事故で死亡する確率 0.00255%
一生のうち隕石の衝突で死亡する確率 0.00006%

確率を分数で表現すると…

確率
ジャンボ宝くじで1等当選 2000万分の1
胃の内視鏡検査で死亡する確率 53万人に1人
大腸の内視鏡検査で死亡する確率 16万7千人に1人
飛行機が墜落して死亡する確率 11万回飛行機に乗って1回墜落
1年以内に交通事故で死亡する確率 3万9千人に1人
一生のうち隕石の衝突で死亡する確率 160万分の1

☆胃カメラ検査で死亡する確率

53万人に1人。確率は0.00019%。(胃内視鏡検査の同意書より参照)

☆大腸内視鏡検査で死亡する確率

16万7千人に1人。確率は0.0006%。(大腸内視鏡検査の同意書より参照)

☆交通事故で死亡する確率

2019年の交通事故による死亡者数は3215人。

日本の人口は約1億2600万人。

よって1年で死亡する確率は0.00255%

39,215人に1人の確率で死亡。

☆飛行機で死亡する確率

アメリカの国家運輸安全委員会が行った調査によると、航空機に乗って死亡事故に遭遇する確率は0.0009%なのだとか。

つまり11万1111回飛行機に乗って1回の死亡事故という計算になる。

☆隕石によって死亡する確率

地球ではときたま、落下してきた隕石に衝突することによる死亡事故が発生している。

米テュレーン大学の地球科学教授スティーブン・A・ネルソン氏が2014年に発表した論文によると、人間がその一生のうちで隕石や小惑星の衝突で死亡する確率は160万分の1なのだとか。

宝くじが当たらない理由

まったく、宝くじが当たらない理由がよ~くわかった。

すごくシンプルに当選確率が低すぎる!!

普通に生きていて死ぬ確率の方がぜんぜん高いじゃないか。

 

とくに驚いたのが、交通事故死亡の確率。

今この記事を読んでいる人が3万9千人いたとして、その内の1人は1年後に交通事故で死亡している計算になる。

東京ドームが満員になると5万7千人くらいだから、そのうちの1~2人は1年後に交通事故で死んでいるわけだ。

毎年交通事故での死者は減っているっていうけど、それでもやっぱりすごく確率が高い気がする。

普段の生活の中では特に交通事故に注意したほうがいいみたいだ。

 

ちなみにわたしは無事、胃カメラ検査を生き残った。

53万分の1の確率で。

胃にも特に異常なし。

生存確認を上げるためにも、数年に一度はちゃんと検査するのが大切だね!!

1億円の宝くじ当選者が見た不思議な夢と当てるための5つのコツ

スポンサーリンク

-ネタ

Copyright© そよかぜそくほう , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.