ニュースやオカルト、雑学に健康などなど、暇つぶしになるような面白いネタを紹介するブログです!!

そよかぜ速報

雑学

怖すぎる意味を持つ花言葉を一覧でまとめてみた。これ…シャレにならんで!

投稿日:2015年7月13日 更新日:

美しい花にはそれぞれに「花言葉」が存在する。

赤いバラ=あなたを愛しています

ソメイヨシノ=純潔

みたいなロマンチックな意味が込められている。

しかし中には「なんじゃこれ!?」と思うような恐ろしい花言葉も存在する。今回はそんな花言葉をまとめてみた。

スポンサーリンク

怖すぎる花言葉をジャンル別で紹介!!

メンヘラ系花言葉

  • 「悲しんでいるときのあなたが好き」リンドウ
  • 「無視したら私は死にます」ガマズミ
  • 「汝を呪う」アメリカイヌホオズキ
  • 「ともに死のう」クワ
  • 「あなたは私に死を与えた」トリカブト
  • 「死んでも離れない」アイビー
  • 「悲しみの思い出」フクジュソウ
  • 「無限の悲しみ」アリウム・ギガンチューム
  • 「復讐」シロツメクサ
  • 「征服」ヤドリギ
  • 「見捨てられた」アネモネ
  • 「人間嫌い」サオトナバナ
  • 「憂うつ」ゼラニウム
  • 「危険な快楽」チューベローズ
  • 「私はあなたの愛を信じない」ゼラニウム(白)
  • 「うぬぼれ・自己愛」スイセン
  •  「煩悩」「恋にもだえる心」アンスリウム

実に恐ろしい花言葉が並んでいる。「無視したら死にます」(ガマズミ)や「悲しんでいるときのあなたが好き」(リンドウ)なんて、精神病み過ぎでしょ!という感じだ。

「あなたは私に死を与えた」は猛毒を持つトリカブトの花言葉。もうね、視点が死んでる人。死んだ後の人の発言なんだよ。トリカブトで殺された後じゃないと言えないよ「あなたは私に死を与えた」なんてさ。怖い!!

悪口系花言葉

  • 「でしゃばり・おせっかい」キンギョソウ
  • 「あなたが信じられない」ウシノシタクサ
  • 「あなたは冷たい」ハイドランジア
  • 「愚か」オダマキ
  • 「軽蔑」カーネーション(黄)
  • 「わがままな美人」デンドロビウム
  • 「あなたは美しいが冷淡だ」紫陽花
  • 「中傷」クリスマスローズ
  • 「尊敬しているが恋愛ではない」ムラサキツユクサ

「尊敬しているが恋愛ではない」(ムラサキツユクサ)なんてなかなかキツイ言葉だなぁ。年上の上司が仕事のできる部下の女の子を口説いている、なんてシーンが思い浮かぶ。そんな上司が思うのが「あなたは美しいが冷淡だ」(紫陽花)かもしれない。

ホラー系花言葉

  • 「あなたの死を望みます」スノードロップ
  • 「貴方は私の命取り」ドクニンジン
  • 「酔いと狂気」ブドウ
  • 「呪い」クロユリ
  • 「憎悪」メハジキ
  • 「嫌悪」オニユリ
  • 「恨み」オトギリソウ
  • 「パラノイア(妄想)」カンナ
  • 「滅亡」睡蓮
  • 「悪意」イラクサ
  • 「裏切りのもたらす死」ハナズオウ
  • 「死の前兆」パセリ
  • 「私は明日死ぬだろう」キスツス・アルビドゥス
  • 「愛情の薄らぎ」バラ(黄)
  • 「望みなき愛」チューリップ(黄)
  • 「処罰は行わなければならない」フキノトウ
  • 「私は恋を疑う」オシロイバナ
  • 「わたしはすべてを失った」マツムシソウ
  • 「いじめないで」ごぼう
  • 「偽り」「ごまかし」ホオズキ
  • 「絶望・悲しみ」マリーゴールド
  • 「悲しき思い出」「あきらめ」ヒガンバナ
  • 「離別」スイートピー
  • 「裏切り」ゲッケイジュの花
  • 「悪意」ロベリア
  • 「不信感」「疑惑」ラベンダー
  • 「愛の後悔」クロッカス(紫)
  • 「孤独」エリカ
  • 「失望」きんせんか
  • 「愚かしさ」ザクロの実
  • 「あなたは私の愛を退ける」サザンカ (白)

花言葉は花の色によっても変わってくる場合がある。黄色のバラ(愛情の薄らぎ)・黄色のチューリップ(望みなき愛)・黄色のカーネーション(軽蔑)は、黄色い色だけネガティブな意味合いが含まれていた。黄色い色の花を贈る時は気を付けた方が良いかもしれない。

「呪い」の意味を持つクロユリ。「クロユリ団地」なんてホラー映画があったけど、この花言葉の意味をネタにしているのかもしれない。

「滅亡」の睡蓮なんて、もう突き抜けてるよね。いろんな意味で。

 

特筆すべきは、ごぼうの花言葉「いじめないで」

ごぼうといえばダウンタウンのガキの使いやあらへんで名物企画「モリマンVS山崎邦正」だ。その中でもふたりがリング上でごぼうでシバキ合うという、シンプルながら恐ろしい企画が忘れられない。

山崎邦正は「熱々あんかけ対決」「ハチミツ入りバケツ頭突っ込み対決」など、たくさんあるハードな対決方法の中でもこの「ごぼうシバキ合い対決」が最も嫌だったという

「ごぼうだけは勘弁して」

「ごぼうはただの木なんです」

 

山崎のこの名言がその恐ろしさを物語る。

モリマンVS山崎邦正は、最終的にその対決があまりにも嫌すぎて山崎邦正が号泣しながら本気で逃げ出し、見つかって捕まっても号泣しながら駄々をこねる、というオチになるなる場合が多い。

「モリマン=いじめっこ」「山崎邦正=いじめられっこ」の図式が、番組の演出とはいえ明確なのだ。

ごぼうの花言葉が「いじめないで」。なんだかピッタリの花言葉ではないだろうか。

恐ろしい花言葉の花を贈られても動じてはいけない

花には通常、複数の花言葉が込められている。

今回はその中でもネガティブな意味合いの花言葉をピックアップして紹介している。

例えばごぼうは「いじめないで」以外にも「私にさわらないで」「しつこくせがむ」「用心」といった花言葉がある。

「悲しんでいるときのあなたが好き」のリンドウには、「正義」「誠実」といった花言葉もある。

 

例えばクワの花をプレゼントされたからと言って必ずしも「共に死のう!」になるわけではないので注意して欲しい。もちろん戦場に向かう直前に戦友から贈られたものなら、そのままの意味であろうが。

 

花言葉の世界は奥が深い。もし誰かに花をプレゼントする機会があったとしたら、きちんと調べてからセレクトした方が良いかもしれない。

「私は明日死ぬだろう」(キスツス・アルビドゥス)そんな花言葉の花をプレゼントされても、相手も困ってしまうだろうから。
決定版 誕生花と幸せの花言葉366日―あなたと大切な人に贈る幸福バイブル

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© そよかぜ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.