ニュースやオカルト、雑学に健康などなど、暇つぶしになるような面白いネタを紹介するブログです!!

そよかぜ速報

生き物 雑学

アリが公衆トイレを持っていると判明!蟻と人間にとってトイレとはどんなメリットがあるのだろうか?

投稿日:2015年2月26日 更新日:

ナショナルジオグラフィックによると「アリにも公衆トイレ的な文化がある」という事実が、研究の結果明らかになったようだ。

複雑に入り組んだアリの巣に、トイレの部屋がある。これにはどういった意味があるのか?

また、人間のトイレの歴史と意味を考えてみたい。

スポンサーリンク

アリの巣の中にトイレ的な部屋がある!

これは亜種が日本にも生息する「トビイロケアリ」という種類の蟻を研究した結果だ。詳細はナショナルジオグラフィックの記事を参照してほしい。

着色された餌を調べることで、複雑なアリの巣の中で排泄物がまとまった部屋があることが発見された。

これはアリにとってのトイレだ。ではなぜ、蟻たちはトイレというものを作っているのだろうか?

学者は3つの予測を立てた。

①糞からフェロモンを身体に付着させる事によって仲間である証明になる説

②糞には抗菌性の物質が含まれていて、それが巣全体を健全にしている可能性がある説

③糞が幼虫にとって貴重な栄養になっている説。

これらの説はまだ仮定の域を出ていない。これからの研究によって明らかになるかもしれない。

 

それにしても、蟻がトイレという文化を持っているのは驚くべきことだ。巣の外に出る働きアリは全体の2割くらいと聞いたことがあるが、もしかしたら残りのひきこもりアリたちはトイレの掃除したり、我々が思っている以上に文化的ないろんな役割があるのかもしれないね。

料理蟻、掃除蟻、介護蟻、子守蟻、洗濯蟻、マッサージ蟻、政治家蟻…いや蟻は女王蟻がいるから王政、だとしたら大臣蟻かな。

蟻を調べればもっといろいろ面白い事実がわかるかもしれない。

 

蟻の巣にトイレがある理由はまだ仮定の域を出ないわけだが、だったら人間にとってのトイレの存在理由とはなんだろうか?

人間にとってのトイレの存在理由

人類とトイレは切っても切れない関係にあり、人はトイレによって利益を得たり、逆に不利益を被ってきたりした。長い歴史があるのだ。

トイレ・ヒストリー

①人糞は肥料になる

江戸時代の農村では糞尿が肥料として使われていた。人糞の売買もされていたという。

トイレは人糞を集め再利用するシステムとして機能していたのだ。

しかし戦後にアメリカの文化が入ってくると、衛生面から次第になくなっていったという。また、安価で高性能な化学肥料の存在がその後押しをした。

②人糞は餌にもなる

かつてジョジョの奇妙な冒険第三部において、インドを旅行中にポルナレフがトイレから顔を出した豚に驚くシーンがあった。

これは人糞をそのまま豚の餌にする豚便所と呼ばれるトイレシステムの事だ。

この文化はインドの一部の地方にあるが、元々は古代中国が発祥の地だという。

といっても豚は人糞だけを食べるわけではなく、普通に他の餌も食べていたようだ。

古代の中国人は野菜を多く食べていた。その為、消化の残りの栄養分が人糞に多く含まれていたのだ。それを豚が食べることが出来たという。実にエコロジーなシステムではないか!!

③人糞は疫病の原因になる

古代のヨーロッパでは東洋に比べ排泄に対して無頓着だったようだ。家で排泄したものをバケツでもって、平気で街に投げ捨てていたらしい。一説にはハイヒールの高いかかとは、そんな排泄物が付かないようにするためだったという。

中世のベルサイユ宮殿では庭の花壇の中で紳士も淑女も野糞していた。あの大きなフレアスカートは排泄に気づかれないためだという。清楚に歩きながら、その歩いた後には大きなフレアスカートから排泄物が出てくる…なんてこともあったらしい。

こういった不衛生な文化は、コレラなどの病気が蔓延したことによる衛生観念の改善によって無くなった。

人糞や吐瀉物がコレラを媒介するのだ。

衛生的なトイレによって病原菌の蔓延が防止される。トイレとは人類の生存に欠かせないシステムなのだ。

 

 

まとめ

トイレとは何故存在するのか?

それは不衛生な環境が疫病を招いたり健康に様々な悪影響がある為。

そして糞便を餌や肥料などに使う文化は、一部の地域を除いて衛生面や肥料の進化で廃れた。

 

といってもトイレは衛生面のほかにも重要な役割がある。

「プライバシー保護」という役割だ。

日本人は世界的に見ても、極度に排泄する姿を見られるのが恥ずかしいと思う民族らしい。

「いや、そりゃ恥ずかしいでしょ!!」

と思うけれど、中国じゃあ仕切りのない「ニーハオトイレ」ってのがあるというし、犯罪の多い国ではトイレを完全に密室にしない所もあるという。少しくらい見えていても日本人よりは抵抗を感じないのだ。

少なくとも日本人にとってトイレとは、誰にも見られずに気兼ねなく思いっきり排泄の快感を楽しむことが出来るパラダイスなのだ。ニーハオトイレとが、絶対楽しくないでしょ。別に排泄中に隣の人と世間話したくないって。

A「ニーハオ~♪」

B「お~ニーハオ!!」

A「おや、今日は素晴らしい一本糞ですねぇ~。さすがに良いものを食べれらっしゃるッ!」

B「いえいえそんな…貴方の方もなかなかの……昨日はニラ玉だったんですか?」

…絶対嫌だ~。

 

トイレとは衛生面もさることながら、誰にも見られることのない空間という意味の方が大事なのかもしれないね。

☆オススメ記事☆

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-生き物, 雑学

Copyright© そよかぜ速報 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.