健康とダイエット

新型コロナウイルスに感染しやすい血液型とリスクが低い血液型

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス。

謎だらけのこのウイルスも少しずつ研究が進んでいるみたいだけど、複数の研究者が「新型コロナウイルスと血液型」についての研究結果を発表した。

まず結論から申し上げると…

 

ウイルス感染しやすい危険な血液型→A型

ウイルス感染しにくいわりと安全な血液型→O型

 

なのだそう。

新型コロナウイルス感染症の罹患リスクや重症化リスクと血液型との関係について、世界各地で研究がすすめられている。

2020年3月には、中国・南方科技大学の研究チームが、武漢と上海の新型コロナウイルス感染症患者2173名を分析し、「A型の人は罹患リスクが高く、O型は低かった」とする未査読の研究論文を発表。

米マサチューセッツ総合病院(MGH)では、3月6日から4月16日までにマサチューセッツ州で陽性が確認された新型コロナウイルス感染症患者1289名を分析し、「O型の人は他の血液型に比べて陽性になりづらかった」と報告している。

3月以降の第1波で打撃を受けたイタリアとスペインの新型コロナウイルス感染症患者1980名を対象とする研究論文でも「O型の人は新型コロナウイルス感染症にかかるリスクが低く、A型はより高い」ことが示された。そして10月14日には、これまでの研究成果とも整合性のある2つの研究論文が、アメリカ血液学会(ASH)の学術雑誌「ブラッド・アドバンシス」において相次いで発表されている。

1つ目の研究論文は、デンマーク・オーデンセ大学病院(OUH)が2月27日から7月30日までに新型コロナウイルス感染症のPCR検査を受けたデンマーク人47万3654名を分析したもので、「O型の人は、他の血液型に比べて、新型コロナウイルス感染症の罹患リスクが低い可能性がある」と結論づけている。これによると、デンマーク人口の41.69%が0型であるにもかかわらず、陽性患者7422名のうちO型が占める割合は38.4%にとどまった。

参照元:「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづらい」との研究結果(ニューズウィーク)

中国、アメリカ、イタリア、スペイン、デンマーク。

世界中の研究調査で同じ結果がでているのだから、わりとあてになる結果といえるだろう。

 

ちなみに日本における血液型のおおよその割合は、A型が4割、O型が3割、B型が2割、AB型が1割なのだとか。

つまり日本人は新型コロナウイルスのリスクが高いA型が人口の40%、約5,000万人くらいいるという、かなりリスキーな国ということになる。

 

では、世界でも最もトンデモナイ感染者数をたたき出しているアメリカはどうなのだろう?

実はアメリカで最も多い血液型はO型。

O型だからといって安全というわけではないみたいだ。

A型が多い日本の方が、はるかに感染者数を抑え込んでいる。

 

やっぱりちゃんとマスクをしたり、手洗いをしたり、ソーシャルディスタンスを守るのがいちばん大切なんですね!

スポンサーリンク

-健康とダイエット

© 2020 そよかぜそくほう Powered by AFFINGER5