自己啓発

失敗して本当に”失”うものとは?

ふと、思った。

 

「失敗」という漢字は成り立ちが矛盾していると。

 

「失」は何かをなくす、そこなう、なくなる、という意味を持っている。

失礼:礼儀をうしなう

失明:明かりをうしなう

失言:言葉を間違う

失望:希望を無くす

失恋:恋愛が失敗する

失格:資格をうしなう

失血:血をうしなう

失策:策が失敗する

「失」を含む多くの漢字が「○○を失う」という意味を持っている。

 

だとしたら、失敗という漢字は「負けを無くす」という意味をもっていてもいいのではないだろうか?

もし「負けること」を失を使った感じで表現するとしたら、「失勝」の方が適切なののではないか??

 

失敗は成功の母、なんて格言がある。

失敗して失っているのは、本当は「負ける原因」なのかもしれない。

そう考えれば失敗という漢字も成り立つ気がしないでもない。

 

失敗して、失敗して、失敗して、

そうしてそれでもあきらめずにチャレンジし続ければ、少しずつ敗北の要因を失っていき、それがいつか成功につながる。

 

 

失敗とは負けを失うこと。

失敗は成功への学びの機会。

 

多くの先人たちが言ってきたように、「失敗」というのは本当に成功のために近道なのかもしれない。

…なんか武田鉄矢がすでにテレビで言ってそうな話だけど。

スポンサーリンク

-自己啓発

© 2020 そよかぜそくほう Powered by AFFINGER5